スポンサードリンクAmazon.jp お得なタイムセールはこちらをクリック

オルベアの最もワイルドなe-bike

オルベア

Wild FS e-MTBはオルベア初の電動アシストMTBです。

パワーユニットはシマノ製のステップE8000を使用し、140mmトラベルのサスペンションを備えたたオーソドックスなe-MTBですが一つ大きな特徴があります。

それはHIDEOUTテクノロジーと呼ばれるバッテリーの収納方法です。今までのバッテリー内蔵式e-bikeはバッテリー損傷のリスクを最大限抑えつつも、バイク本体からバッテリーを取り外せず、充電の度にバイク本体までケーブルを伸ばす必要がありました。

しかしWild FS e-MTBはダウンチューブの左側にバッテリーと同じ大きさの穴とツールレスで取り外せるカバーを設けることで、内蔵式のメリットを保ちつつも外装式とほぼ変わらない使い勝手を実現しました。

オルベアによると、HIDEOUTテクノロジーが操作性に与える影響はほとんど無く、また重量増に関してもアシストで相殺できるとしてラインナップを拡充していきたい考えだそうです。
http://www.bikeradar.com/us/mtb/news/article/orbea-wild-fs-e-mtb-50823/













ハイドアウト写真中央に映るのはダウンチューブに内蔵されたバッテリー。カットモデルではなく、この上からカバーを被せることで取り外しを容易にしながらもバッテリーを守る構造









曲線的なフォルムだからカーボンかと思ってたけど、これアルミフレームなんだね。
基本7







にしても、ダウンチューブに大穴開けるとかようやるもんやで、大丈夫なんかな
ちょいおこなお姉ちゃんの顔、琴葉茜






まあそこはオルベアさんだし心配しなくてもいいと思うよ。
でも本当これどこでダウンチューブ分の剛性稼いでるんだろうね?
(最初はカーボンでコの字断面のチューブを形成してるのかと思ったけどアルミだし、他のチューブに剛性を振り分けてる感じでもないし、側面が薄いチューブ特注してを使ってるか、それとも表面のダウンチューブはバッテリーのステーで中に別のチューブを内蔵してるのか、うーん……)
基本11







関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

e-bikeはもう当たり前!? Revos、お手軽なコンバートキット発表 May 22, 2018
ローザに隠れた1位の苦渋? イェーツ「2分でもまだ足りない」 May 21, 2018
日本向けは2019年発表か? エモンダSLdisc、海外レビュー May 18, 2018
スペシャ大攻勢なるか!? Disc仕様のターマック、Roval disc発表 May 17, 2018
何と全モデルがカーボン製!? Raphaサドル、遂に正式発表 May 16, 2018
意外と硬派なコンフォートバイク? フェニックスSLdisc 海外レビュー May 15, 2018
ジロ前半戦、総合順位が伸び悩むフルーム「私はまだ戦い続ける」 May 14, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

カウンター

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10、SUBARUインプレッサなどなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: