↑寒くなるこれからの季節、Zwiftのお供にいかが?
おしゃれなiPadから、ゲームもサクサク高性能モデルまで幅広いラインナップ!
詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

実は危険なワイドリム? ETRTO規格とタイヤの安全性について

ワイドリム


これは大きな問題かもしれません。北米の自転車ニュースサイト、cyclingtipsはワイドリムが普及した昨今、それと一部のタイヤの組み合わせが、ETRTOの定め、ISOが採用した安全基準ISO 5775を逸脱していると指摘します。

ISO 5775とは1960年台後半に制定された国際的なルールで、タイヤとリムの大きさ、そしてその組み合わせが安全性を保証する範囲を明記したものですが、詳しい説明は図を見て貰ったほうが早いでしょう。

ETRTO-rim_tyre-width-combos4.jpeg
(リム内幅とタイヤ幅の対応表。規格自体は他にも色々定めているが、話の本筋ににあまり関係ないので今回は割愛)


ですが、全てのホイールメーカーがこれを遵守しているわけではありません。ZIPPはクリンチャーの場合、25Cタイヤでリム内幅19mm、28Cタイヤでリム内幅21mmが最も最適な数値だと主張しますし、ENVEに至ってはリム内幅25mmのホイールに28Cタイヤが使用可能だと公式サイトで述べています。

一般的なサイクリストは一体どちらの規範に従うべきでしょうか?


残念ながら、その問題に明確な答えをだすことは出来ません。その理由は何故かというと、リムとタイヤを取り巻く環境が、あまりにも不明瞭すぎるからです。

ETRTOとISO 5775はタイヤやリムの互換性確保に大きな役割を果たしました。それは確かです。ですが、実際のタイヤ幅はリム内幅に大きく依存し、組み合わせによって変動します。また一部のリムメーカーはETRTO規格(ISO5775で無い所がポイント)を謳いながら、より高い噛合性能を求めてビード径を増加させるなど意図的な逸脱も多々見られます。

つまり、ISO 5775はマージンを大きく取った、古くおおらかな規格であるということです。これを受けてETRTOは2019年をめどに基準の改定を行うと述べていますが、それがISO 5775に反映されるのは慣例からみてもまだまだ先の話です。

ただ、それらを考慮して「じゃあ付けれれば安全性の問題はないのか」と言うと答えはNOです。こちらははっきりとNOと否定できます。その理由として先に述べたENVEの例が当てはまるでしょう。

リム内幅25mmのホイール、つまりはSES 4.5 ARですが、これは発売当時25Cタイヤも使えると公式サイトに表記してあったものの、しばらくして表記が変更になり、一部メーカーのタイヤに関して非対応が明記されました。

SES-34.jpg
(ENVEのサイトに載せられている画像。4.5ARのページは別の物に変更されたが、他のページは変えてないアメリカンクオリティ)

これの示す所は、内幅20mm以上のワイドリムがかなり繊細なバランスの上で成り立っているということです。19mm以内であれば多くの場合問題なくワイドリムのメリットだけを享受できますが、それは間違いなく従来のリムよりマージンを削っています。

というわけで規格を大きく逸脱している製品や組み合わせには注意が必要ですが、これは決してどこそこの作るホイールが危険という話ではありません。限られたリソースの中で安全性を取るか、性能を取るか、つまりは天秤のような物です。私たちサイクリストは用途と目的に合った製品をきちんと選ぶことが何よりも肝要と言えるでしょう。
https://cyclingtips.com/2018/09/understanding-bicycle-tyre-standards-and-pressure-recommendations/















ほーん。ちょっと関係ないかもやけど、海外掲示板でMavicのオールロードUST(リム内幅22mm)に推奨外のイクシオンUST(28C)付けたら走ってる途中で突然空気が抜けたって書いてたレビューも有ったし、やっぱり気をつける必要はあるんやろな。
ちょいおこなお姉ちゃんの顔、琴葉茜






まあその話は後日クリンチャー運用にしたら問題なく使えたみたいだけどね。いくつか例外はあると思うけど、リム内幅+2mm(チューブレスは+4mm)が使えるタイヤ幅の最低限度なのかな(注1)。マージンも考えるともう23Cはいつ滅んでもおかしくないかも……
基本11







(注1)あくまで最低限度ギリギリの話であり、その組み合わせを推奨するものではありません。また実際にテストしたわけではないので、上記の内容について安全上の責任は負いかねます。




関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物して支援者になってくださると、さらにありがたいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: リム内径ではなく…

コメントありがとうございます。
当サイト的には伝わればいいじゃん的なノリだったのですが、これに関してはいくつかご指摘を頂いたので近いうちに修正しようと思います。

PS.普通にレスしてましたが、よく見たら非公開コメントでしたね。すみません。
決して他意があったわけではなくうっかりミスなのでどうか許してください
非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

いきなりTIMEも夢じゃない? MQL4始めました Nov 05, 2018
グラベルロード最速はこれで決まり!? ファクターVista発表 Oct 22, 2018
S5だけじゃない!? サーヴェロS3 怒涛のマイナーチェンジで13wを削減 Oct 09, 2018
ジェネリックZIPP爆誕? Wake 6560ホイールセット海外レビュー Oct 01, 2018
アルミの時代はもう終わり? 米Alliteがマグネシウム製バイクを新発表 Sep 23, 2018
実は危険なワイドリム? ETRTO規格とタイヤの安全性について Sep 18, 2018
満を持した次世代マシン!? アルゴン18ナイトロジェンdisc発表 Sep 10, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10などなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: