↑今話題の新サービス、なんと月々2138円でJスポが全ジャンル見放題!?オンデマンド配信対応、詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

GCNクイックビュー「回転数vsパワー、ヒルクライムの正義はどっち?」



これは長年の議題です。ランス・アームストロングやクリス・フルームなどグランツールで活躍する選手は登りの局面において高いケイデンスを好むとされてます。ただ、その一方で高いケイデンスはあまり効率的ではないという意見もあり、一般的なサイクリストがどちらに従うべきかと言うのは未だ決着が付いていません。

そこで今回は痛みを伴ったテストにより、その謎を解明したいと思います。テストの内容は800mのヒルクライム。34/28と39/23、2つの対象的なセッティングを用いて、タイムやパワー、心拍数の違いを比較します。被験者はおなじみのサイモン・クラークソンです。


     タイム パワー ケイデンス
34/28  1:32  533w  95rpm
39/23  1:28  562w  80rpm


結果は以上のようになりました。記録としては重いギアの方が速くなっていますが、その分体力の消耗も大きいです。ただ、ハイケイデンスなら楽かと言うとそうでもなく、心拍数は190bpmとなり、慣れないスタイルだったことも合わせて大きく肺を痛めています。

つまり、快適に登りたいならスピードを落とせという結論になりますが、それだけでは少しつまらない話です。そこで今回はケント大学からルイス教授をお招きして話を聞きたいと思います。「早速ですが、選手によって高いケイデンスを好む理由は何でしょうか?」



「一般的に登りでのケイデンスは平地より低くなる傾向にあります。これはバイクの角度や重力の影響によってペダリング効率が悪化するためです。そこで速く走る場合、重いギアを保つか、ギアを下げた分ケイデンスを上げるか、2つの選択肢が現れます。どちらが効率的かという疑問については練習の量や傾向がそれを左右するでしょう。一朝一夕でどうにかなる話ではありません。

ただ、高いケイデンスを保つことはダンシングを難しくします。加速が求められるシーンでそれは大きなデメリットですが、シッティングとダンシングならシッティングの方が明らかに効率的です。なので、ハイケイデンス自体は効率的でない走り方ですが、結果として効率を高めることに繋がります。長距離であれば明確な差に発展するでしょう」

という様に専門家の意見はハイケイデンスに肯定的でした。しかしながら、それは重いギアが使えないという意味ではありません。クロスレシオ化による変速フィールの向上やデザイン、重量面など多くの利点があることは依然として事実です。より快適により速く走りたいのであれば今一度ギア設定を見直して見る必要があるかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=43ci68I23hA














ほーん、まあレースで記録狙うでもないなら低めのギア入れて走るんが安牌言うことか。
ちょいおこなお姉ちゃんの顔、琴葉茜






具体的には34/30辺りがSSのディレーラーも使えるし便利かな。32t入れてもいいけどそこまで行くと普通にオーバースペックだしキャンプ道具でも積んで山超えるみたいなことしない限り特に必要はないと思うよ
基本7



関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

満を持してのガチアルミ!? BMC、TeammachineALR01disc発表 Jun 21, 2018
業界初、一体形成チューブレス Mavic Cosmic Ultimate UST海外レビュー Jun 18, 2018
またも出た、スイス発のガチアルミ!? BMC、Roadmachine X発表 Jun 14, 2018
GCNクイックビュー「回転数vsパワー、ヒルクライムの正義はどっち?」 Jun 11, 2018
ディスクロード競争激化!? TREK、madone9discをドーフィネで解禁 Jun 06, 2018
2019年モデル採用か!? 新型Venge、Bora・クイックステップが実戦投入 Jun 05, 2018
リム400gアンダーはもう常識!? ENVE、超軽量ホイールG23、27発表 Jun 04, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

カウンター

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10、SUBARUインプレッサなどなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: