↑寒くなるこれからの季節、Zwiftのお供にいかが?
おしゃれなiPadから、ゲームもサクサク高性能モデルまで幅広いラインナップ!
詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

新たな流行なるか。イーストン発のスーパーディープリムEC90 Aero85 Disc

イーストン エアロ85


これは大きな変化でしょうか。DTswissと並び、イマイチ冴えないホイールメーカーの名を欲しいままにしてきたEastonですが、満を持してディスク仕様のスーパーディープリム市場に参入します。その先駆けとなるのは、なんとカーボンクリンチャー、EC90 Aero 85 Discです。

仕様としては、その名の通り85mmハイトのリム、幅は内径19mm外径28mmと近年の流行に沿ったワイドリムで、ホイールセットの重量は1827gと重量級ながらも、オリジナルのVaultハブとSapim CX-Rayのお陰かハイトの割に軽量な仕上がりとなっています。

また肝心のエアロ効果に関しては『40kmタイムトライアルでEC90 Aero55よりも14秒短縮出来る』として、競合他社のホイールより高い優位性が有るとイーストンは主張します。これは人によっては少なく感じる値かもしれませんが、エアロ効果を突き詰めるにあたっては重要な数字です。

ディープリムが普及してきた昨今、実用性に関してはまだ疑問の残るスーパーディープリムですが、見た目のインパクト、高い巡航性能など、スペックシートに現れない長所もいくつかあり、決して侮れないカテゴリーです。近い未来、ひょっとしたらこのハイトが標準となる可能性もあるかもしれません。
http://www.cyclingweekly.com/news/product-news/new-85mm-deep-disc-brake-carbon-clincher-easton-374600













平地だけ走るならええかもしれんけど、1827gってヤバない…………
ヤバい事に気づいてしまった時の顔、琴葉茜







ハイトの割には軽いのかもしれないけど、ZIPP858(77~82mm)やSES7.8(F71mmR78mm)より普通に重いもんね。それに正味ワイドリムになった時点で50mm以上のハイトは必要性薄いし、価格次第かなとは思うけど、日本だとかなり用途を限定されるホイールかも
解説用、三角口、琴葉葵







関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

S5だけじゃない!? サーヴェロS3 怒涛のマイナーチェンジで13wを削減 Oct 09, 2018
ジェネリックZIPP爆誕? Wake 6560ホイールセット海外レビュー Oct 01, 2018
アルミの時代はもう終わり? 米Alliteがマグネシウム製バイクを新発表 Sep 23, 2018
実は危険なワイドリム? ETRTO規格とタイヤの安全性について Sep 18, 2018
満を持した次世代マシン!? アルゴン18ナイトロジェンdisc発表 Sep 10, 2018
キャノンデールの大逆襲なるか!? 最新鋭グラベルロードTopstone発表 Aug 27, 2018
コンチネンタル工場見学! 世界最高峰のタイヤはどこから来るのか Aug 07, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10などなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: