↑寒くなるこれからの季節、Zwiftのお供にいかが?
おしゃれなiPadから、ゲームもサクサク高性能モデルまで幅広いラインナップ!
詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

スチールロードもディスク化の波!? バッタリンPower+にDisc仕様が追加

バッタリンディスク


これは大きな変化の前触れかもしれません。イタリアの名ブランド、オフィチーナ バッタリンは自社のフラグシップスチールロード、Power+にディスク仕様を追加し、いずれ来るディスクロード時代への備えを完璧に果たします。

大きな特徴としては、長らく実績を積み重ねたPower+リムブレーキ仕様に限りなく近づけられたバイクで有ることでしょう。素材は変わらずコロンバスHSS、最大タイヤ幅も特に増えず、耐久性を重視した厚塗りの塗装、イタリアでフィレットロウ付けが行われるのも従来と同じです。

しかし、完璧に同じではありません。スルーアクスル化によって設計は見直され、チェーンステーの形状など細かな部分でより綿密なブラッシュアップが加えられています。

また創業者のジョバンニ・バッタリン氏は、新しいPower+ディスク仕様に関し、軽量性、快適性、反応性の全てをスチールバイクの限界まで高めたとして「現役時代にこのバイクがあったら確実に乗っていた」と述べます。そしてその真偽を差し置いても、これはスチールロードの中で最も強固な1台であることは間違いないでしょう。この上ない剛性を求める方にはぴったりの1台かもしれません。
http://road.cc/content/tech-news/239191-officina-battaglin-embraces-disc-brakes-new-power-disc-steel-road-bike













バッタリンなぁ……興味はあるんやけど、この青はちょっとどうなん?デザイン的に間違いではないんやけど、この配色はマズイんちゃう……(おフランス並感)
ヤバい事に気づいてしまった時の顔、琴葉茜







モダンスチールを否定するつもりはないけど、これは流石にコンポーネントで軽さを稼げる人向けかな。チュービング太めのスチールバイクとしては希少価値は高いけど、機能美追求するならカーボンフレームでいいし、あんまり食指は動かないかも
解説用、三角口、琴葉葵






関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物して支援者になってくださると、さらにありがたいです。
(残念ながら広告をクリックして頂いても管理人の収益は0円)


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

S5だけじゃない!? サーヴェロS3 怒涛のマイナーチェンジで13wを削減 Oct 09, 2018
ジェネリックZIPP爆誕? Wake 6560ホイールセット海外レビュー Oct 01, 2018
アルミの時代はもう終わり? 米Alliteがマグネシウム製バイクを新発表 Sep 23, 2018
実は危険なワイドリム? ETRTO規格とタイヤの安全性について Sep 18, 2018
満を持した次世代マシン!? アルゴン18ナイトロジェンdisc発表 Sep 10, 2018
キャノンデールの大逆襲なるか!? 最新鋭グラベルロードTopstone発表 Aug 27, 2018
コンチネンタル工場見学! 世界最高峰のタイヤはどこから来るのか Aug 07, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10などなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: