↑寒くなるこれからの季節、Zwiftのお供にいかが?
おしゃれなiPadから、ゲームもサクサク高性能モデルまで幅広いラインナップ!
詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

2018年、ディスクブレーキが過半数上回る!? シマノ幹部がリーク

ブレーキ


これが本当なら2018年はディスクブレーキの年になるかもしれません。シマノのロードプロダクトマネージャー、デイブ・ローレンス氏は「ディスクブレーキの生産数が更に増加し、今年はリムブレーキの生産数を超える」と述べ、ディスクブレーキ市場に大きな進展が有ったことを明らかにします。

対抗馬であるSRAMの広報担当者、マイケル・ツェルマン氏も「ディスクブレーキがブレーキ生産数の67%を占める」と述べ、2017年モデルと比較して23%の割合増であることを発表しました。SRAMの子会社であるZippもディスクブレーキ仕様の生産数を5%増と着実に伸ばしています。

またフレームメーカー側もそれに追随する動きを見せています。世界最大のフレームメーカーであるジャイアント、そのグローバルプロダクトマーケティングマネージャー、Andrew Juskaitis氏は「2020年には価格帯を問わずディスクブレーキ6割、リムブレーキ4割のラインナップになるだろう」と予想を述べました。

しかしながら、リムブレーキがすぐに消えるかと言われれば、答えはノーです。シマノのローレンス氏も「ユーザーは未だ軽い自転車を求めており、リムブレーキの需要は存在する」として販売継続の意思を明らかにしました。ディスクブレーキ市場はこれから更に加熱していくことが予想されますが、本当の買い時はまだまだ先と言えるでしょう。
http://www.bikeradar.com/us/road/gear/article/road-disc-brakes-the-tipping-point-51685/













まあ売れるかも言うて、アルミリム使うんやったらディスクブレーキにそこまで大きな利点無いしなぁ……正味微妙なんちゃう?
ちょっとうれしい時の顔、琴葉茜







考えられるブレイクスルーとしてはコンプレッション系ホイールで価格競争が始まってからかな。どっちにしろ向こう10年はリムブレーキ使っても不自由はしないと思うよ
解説用、三角口、琴葉葵




関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物して支援者になってくださると、さらにありがたいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

いきなりTIMEも夢じゃない? MQL4始めました Nov 05, 2018
グラベルロード最速はこれで決まり!? ファクターVista発表 Oct 22, 2018
S5だけじゃない!? サーヴェロS3 怒涛のマイナーチェンジで13wを削減 Oct 09, 2018
ジェネリックZIPP爆誕? Wake 6560ホイールセット海外レビュー Oct 01, 2018
アルミの時代はもう終わり? 米Alliteがマグネシウム製バイクを新発表 Sep 23, 2018
実は危険なワイドリム? ETRTO規格とタイヤの安全性について Sep 18, 2018
満を持した次世代マシン!? アルゴン18ナイトロジェンdisc発表 Sep 10, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10などなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: