↑寒くなるこれからの季節、Zwiftのお供にいかが?
おしゃれなiPadから、ゲームもサクサク高性能モデルまで幅広いラインナップ!
詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

元世界チャンピオンが車と接触!? イタリアの恐るべき悪質ドライバー

アレッサンドロバラン


事件が起こったのはクリスマスイヴの前日でした。元世界チャンピオンのロードレース選手、アレッサンドロ・バッラン氏は、サイクリング中に車と接触します。

車の速度は、時速70km。35km/hで走るバッラン氏を追い抜こうとして、サイドミラーが彼の腕に接触しました。これに対し、バッラン氏は車を呼び止め、ドライバーと話し合いましたが、車のドライバーは自身の非を認めず、なんの謝罪もないまま走り去っています。彼は後に、自身のFacebookで「この事件は私に大きな動揺を与えた」とコメントを残しました。

「まず、前置きしますが、全てのドライバーが危険行為を行っている訳ではありません。サイクリストも同様です。私たちはお互いに譲り合い、尊重しあう姿勢が、何よりも重要だと考えています。

しかし、今回の事件は、それを考慮しても見過ごせない出来事です。私は特に大きな怪我をしませんでしたが、もしこれが子供だったらどうでしょうか。確かにルールを破るサイクリストは存在しますが、それはドライバーがルールを破っていいという理由にはなりません。このような危険運転者は、今後より厳しく取り締まられるべきでしょう」
http://road.cc/content/news/234516-ex-world-champion-alessandro-ballan-calls-drivers-respect-cyclists-after-row













イタリアってよく運転荒い言うけど、時速70kmですぐ横を追い越してくるってヤバない?
ヤバい事に気づいてしまった時の顔、琴葉茜






確かに、人によっては風圧だけでも危ないレベルだよね。まあそこら辺はお国柄もあるし、イタリア的には結構仕方ない問題なのかも
基本11






関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

実は危険なワイドリム? ETRTO規格とタイヤの安全性について Sep 18, 2018
満を持した次世代マシン!? アルゴン18ナイトロジェンdisc発表 Sep 10, 2018
キャノンデールの大逆襲なるか!? 最新鋭グラベルロードTopstone発表 Aug 27, 2018
コンチネンタル工場見学! 世界最高峰のタイヤはどこから来るのか Aug 07, 2018
快適性は少し要改善!? TREKエモンダALRdisc、海外レビュー Jul 29, 2018
世界を一つに!? Hexloxがピッチ可変のモジュラースルーアクスルを発表 Jul 25, 2018
795、785にもディスク化の波!? LOOK、待望の新モデル続々発表 Jul 17, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10などなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: