↑年に一度の大イベント!
10%のポイント還元に過去最大規模のタイムセール、なんとBMWも大特価!?
詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

フルームの疑惑はUCIのシナリオではない 知られざる事件の裏側

フルーム4343434366


そろそろ下火になってきたフルームのサルブタモール疑惑ですが、新たに発覚した事実によると、早期解決は難しいかもしれません。

このニュースを最も速く取り上げようとしたイギリスの大手ニュースサイト、『ザ・ガーディアン』の記者であるシーン・イングル氏、マーティン・ケルナー氏は、自身らが書いた記事の公開6分前に、チームSkyが疑惑についての声明を発表したと語ります。

「その時の事は今でもはっきり覚えています。我々は非公式な情報源からこの事実を手に入れ、公開まで後一歩の所に来ていました。この事実を知っているジャーナリストは当時『ザ・ガーディアン』の人物以外に1人もおらず、大スクープを確信していました。

しかし、予想外なことに、事件の当事者であるチームSkyに先を越されてしまったのです。そのため、私たちは記事の修正を強いられました。今回、どこの馬の骨とも知れない3流ニュースサイトに大きな遅れを取ってしまったのも、そのせいです」




また彼らの発言を元に更に調べて見たところ、驚きの事実が分かりました。まずは2枚の画像をご覧ください。(拡大推奨)


UCIプレス
これは事の発端となったとされる、UCIのプレスリリース(http://www.uci.ch/pressreleases/uci-statement-christopher-froome/)のソースコードです。公開された時間を見てみると12月13日、6:48となっています。時間表記の右端についているZはズールー時間の略称で、国際標準時であるイギリス時間と同じであることを意味します。


フルーム弁明
そしてこちらがフルームの発言を含めたSkyのプレスリリース(https://www.teamsky.com/article/ts-statement)のソースコード、こちらはちょっとごちゃついてますが、公開時間は12月13日、6:31 こちらは言うまでもなくイギリス時間です。




しかし先に発表されたはずの、Skyのプレスリリースのタイトルはちょっと奇妙です。『Chris Froome responds to UCI enquiries about asthma medication(クリス・フルームは、喘息薬によるUCIの査問に反応します)』となっており、これ単体ではプレスリリースとしての役割を果たしません。

彼が査問を受けていることは今となっては公然の事実ですが、プレスリリースとしての筋書きを考えるとあまりにも不自然です。フルームの発言が載っていることから考えても、この文章はUCIの発表が話題になってから、しばらくの時間を開けて発表する予定の内容に思えます。

フルーム4343





そしてこれらの事実を組み合わせると、いくつかの思惑が浮かび上がってきました。ここから先は推測になりますが、どうかご了承ください。


1.UCIはこの疑惑を、今の時期に公表するつもりは元々無かった。

2.Skyはどういう形であれ致命傷を避けたかった。

3.Skyが先に公表した以上、UCIとしては早期解決に助力する義理はない。



つまり今回の疑惑公開における原因は、ラパルティアン現UCI会長の政治利用でも、何らかの組織による圧力でも、その他諸々の陰謀でもありません。ただの英国記者と英国ロードレースチームの小さな争い、どちらか言えば、事件というより事故に近いような話です。

UCIが解決に向けて大きな動きを見せないのもそのせいでしょう。しかし、先日ジロ・デ・イタリアの大会ディレクター、マウロ・ヴェーニ氏が「UCIには事態の早期解決を求める」と述べたようにUCIへの圧力は日に日に高まっています。

2017年も残りあと僅かとなり、この問題は2018年にも持ち越される話題ですが、来年は、今以上にGMであるデイブ・ブレイルスフォード氏の手腕が問われると思います。チームSkyにとっても過去有数の苦しい年になるかもしれません。
https://cyclingtips.com/2017/12/story-behind-story-breaking-froome-positive-news/













ちゅうことはシーズン開幕しても、まだ決着つかん可能性もある言うことか。それは流石に勘弁やで……
ヤバい事に気づいてしまった時の顔、琴葉茜






まあそれもありえるね。でもSkyのクリスマス会にはデイブさんの姿も見えてるし、意外とフルームの無罪を立証する目処はもう立ってるのかも
解説用、三角口、琴葉葵







関連記事:ニバリ「フルームのドーピングはまだ疑惑の段階」 メディアを批判

関連記事2:WADAにも問題アリ!? フルームの疑惑に関するいくつかの誤解

関連記事3:UCI元会長「フルームの疑惑は政治利用されている」 批難を表明





関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

795、785にもディスク化の波!? LOOK、待望の新モデル続々発表 Jul 17, 2018
悪路走行のマストバイ!? グラベルロードのためのeeSilkシートポスト Jul 11, 2018
実用化はもう目前!? セラミックスピード 自社開発の新コンポDrivEnを公開 Jul 09, 2018
superを超える新兵器!? キャンンデール、systemSIX海外レビュー Jul 03, 2018
別視点から見るフォルテュネオ問題 何故、LOOKは見捨てられたのか Jun 28, 2018
ディスクもリムも新設計!? ラピエールXelius SL 700disc海外レビュー Jun 25, 2018
満を持してのガチアルミ!? BMC、TeammachineALR01disc発表 Jun 21, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

カウンター

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10、SUBARUインプレッサなどなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: