↑寒くなるこれからの季節、Zwiftのお供にいかが?
おしゃれなiPadから、ゲームもサクサク高性能モデルまで幅広いラインナップ!
詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

カンチェラーラVN独占インタビュー 「レースはより進化すべき」

カンチェラーラ7


TREKセガフレードを引退後、地元スイスでレースの運営に専念してる元選手、ファビアン・カンチェラーラ氏ですが、ロードレースへの興味は捨てられなかったようです。彼はアメリカの自転車ニュースサイト、ベロニュースのインタビューに対し、元ロードレース選手としての意見を、数多くぶつけました。



Q.まずはじめに聞くけど、引退後、コーチやマネージャーとしてレースチームに関わらなかったのは何故?

A.確かに多くの人がそれを望んだかもしれませんが、残念ながら私自身にチームをサポートする為の知識は、何一つありません。将来的にそれらの知識を勉強し、チームに関わる機会はあるかもしれませんが、今のところ未定です。



Q.忙しいとよく聞くけど、最近は何してる?

A.今年は新たに「Chasing Cancellara(チェイシング・カンチェラーラ)」という新企画を立ち上げました。これはシリアスサイクリストの為のロードレースと、トライアスロンの短距離版であるトライスター、2つのレースを組み合わせることで、レベルを問わず、多くのサイクリストに楽しんでもらおうという試みです。

またTREKやGORE-Texサイクリング製品、スイス製品など、現役時代愛用した様々な製品の広報大使を務めています。新しいことにも挑戦したいとは思いますが、妻と2人の子供の事を考えると、これで精一杯です。



Q.では本題に入ろう。あなたのキャリアの中で最も大きい変化は?

A.色々ありますが、やはり一番はドーピングに関してでしょう。実名は出しませんが、1990年代後半から2000年代前半にかけて、多くのチームで何かしらのドーピングは横行していました。

しかし近年では、それも特定のチームに限定され始め、さらに現在では特定のライダーに限定されています。これは大きな進化です。しかし今日においても、その黒幕は捜査の目から逃げおおせています。チームの大半は自身の潔白を証明していますが、未だに油断は出来ません。



Q.選手の待遇に関してはどう思う?

A.最低給与の見直し、権利の拡充など、現時点では多くの改善が必要だとは思います。しかしそれには、とても長い道のりが必要です。何故ならロードレーサーは終身雇用ではありません。2~3年で次のチームを探す必要があるため、問題発言は禁句です。

しかし220人のWorldtourライダー全員が声を上げれば、改善の可能性が見えてくると思います。現状絵に書いた餅のような話かもしれませんが、ライダーが居なければレースが成立しないこともまた、1つの事実です。



Q.最近若い選手がWorldtourを走ってるけど、それについて感じることは?

A.これは若手に嫌われる発言かもしれませんが、あまり良くない事だと思います。レースの安全性、戦略性が下がるというのも一つの理由ですが、U23とWorldtourは同じ競技でも、流儀の違う世界です。若い選手にとって挫折の原因になりかねません。

更に言うと、高レベルのレースに触れることはライダーを強くしません。ライダーを最も強くするのは、純粋に勝つことです。より上のレベルに挑戦するのは、勝てる見込みが出てきてからでも、決して遅い選択では無いでしょう。



Q.スポンサーを獲得する上で一番の課題は何だと思う?

A.よく難しいと言われる問題ですが、確かに外部への広告効果は微々たるものです。しかし内部的にはどうでしょうか。選手たちの頑張る姿は、多くの人に感動と活力を与えます。

過去在籍したチームの関係で言うと、サクソバンクが最も良い例だと思います。そこでは全てのコンピュータで、チームの写真をスクリーンセーバーにしており、社員はチームとの一体感を感じながら、高いモチベーションで仕事をしていました。

つまり、広告効果をアピールするのはもう時代遅れです。資金提供をいかにスポンサーに還元できるか、チームや選手を一種の商品として売り込んでいく姿勢が、多くのGMに求められるでしょう。



Q.では最後に、現在のプロサイクリングが直面している、最も重要な課題は?

A. UCI、レースチーム、その他の組織が互いに反目しあっていることです。例えば放映権の話をしましょう。レースの放映権は多くの場合UCI、ASO、RCS、この3つのどれかが放映権を販売しています。しかしこれにより、価格競争が生じ、ロードレース全体にもたらされる利益はより少なくなります。、

資金不足が毎年取り上げられるロードレースですが、一番の原因は放映権の不当な安売りだと思います。この問題を解決するにはUCI、ASO、RCSのそれぞれが互いに手を取り、放映権をパッケージングする必要があるでしょう。

それらの協力無くして、ロードレースの今後の発展はありません。もはや古き良き昔の時代は終わりました。これからは、時代に適応した新しいロードレースの形を模索する必要が有ると私は思います。
http://www.velonews.com/2017/12/news/qa-fabian-cancellara-life-pro-cycling_453918












え、放映権のパッケージングって普通に独禁法に触るんちゃう? 知らんけど……
ちょっとうれしい時の顔、琴葉茜






うーんどうなんだろね。まあ他の改善点としては、チーム毎の個性の薄さが大きいと思うよ。せっかくのチームスポーツなんだし、1チーム3人は金属フレームで走るってルールが有っても面白いかも
基本7





関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物して支援者になってくださると、さらにありがたいです。
(残念ながら広告をクリックして頂いても管理人の収益は0円)


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

S5だけじゃない!? サーヴェロS3 怒涛のマイナーチェンジで13wを削減 Oct 09, 2018
ジェネリックZIPP爆誕? Wake 6560ホイールセット海外レビュー Oct 01, 2018
アルミの時代はもう終わり? 米Alliteがマグネシウム製バイクを新発表 Sep 23, 2018
実は危険なワイドリム? ETRTO規格とタイヤの安全性について Sep 18, 2018
満を持した次世代マシン!? アルゴン18ナイトロジェンdisc発表 Sep 10, 2018
キャノンデールの大逆襲なるか!? 最新鋭グラベルロードTopstone発表 Aug 27, 2018
コンチネンタル工場見学! 世界最高峰のタイヤはどこから来るのか Aug 07, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10などなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: