↑Kickstarterはもう古い?
Amazon全面協力の新型サービス、MaBeeeUNOⅡなど話題の商品も続々追加!
詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

2018年最強のグラベルロードはどれだ! マストバイ徹底比較

グラベル3


近年ディスクロードの発展とともに、グラベルロードカテゴリも大きな話題の1つになっています。しかしグラベルロードに関しては片手間なメーカーも多く、中にはシクロクロスフレームにより太いタイヤを履かせただけ、という代物まで存在する始末です。

そこで今回はその特徴別に分けて、3つのジャンルにおけるグラベルロードのマストバイをご紹介したいと思います。一見どれも同じに思えるグラベルロードですが、その違いはロードバイク以上に多種多様なものでした。




・快適性重視ならこれ! キャノンデール・スレート
最大タイヤ幅:650x42mm
キャノンデール スレート

まずトップバッターはこちら、キャノンデール謹製のグラベルバイク、スレートです。特徴は何と言ってもLeftyサスペンション、これは30mmのトラベルを提供し、快適性に大きく貢献します。また走行性能に関しても、CAADシリーズなどで高度に発展した同社のアルミ加工技術がふんだんに生かされ、オンロードでも十分走れる、場所を選ばない仕様に仕上がっています。

値段に関しては105完成車で39万円と結構お高めですが、快適性と性能、その両方を高いレベルを兼ね備え、確実に名機に相応しい1台はこれでしょう。




・コスパ重視ならこれ! スペシャライズド・ディヴァージュ
最大タイヤ幅:700x42mmまたは650x47mm
ディヴァージュ

二番手はこちら、スペシャライズドが誇るグラベルロード、ディヴァージュです。これは簡単に言うとルーベをワイドタイヤ用に調整したもので、フューチャー・ショック、下がったシートステーなど、多くの特徴を受け継いでいます。

ですが一番の特徴は、何と言ってもそのコスパでしょう。実はこのバイク、なんと同じ構成でも兄弟機のルーベより2~3万円ほど安いのです。他のブランドと比べてもそのコスパは健在であり、スペシャライズドの波々ならぬ企業努力が実現した、奇跡の1つです。

フューチャー・ショック自体は石畳用であるため、グラベルでの効果は微妙ですが、それを差し引いてもバランスの良い1台に仕上がっています。純粋な性能では他のバイクに劣りますが、セカンドバイクとしてはこれがマストバイで間違いありません。




・エアロ重視ならこれ! 3T・エクスプローロ
最大タイヤ幅:700x48mmまたは650x2.1in
3T Exploro

最後に大トリを飾るのはこのバイク、3Tのエクスプローロです。本当は他にもご紹介したいバイクがいくつかあるのですが、残念なことに日本では取り扱いがないので、省略させていただきます。

さて本題に戻りまして、このバイク一番の特徴は、他の追随を許さない高いエアロ性能です。随所に見られるエアロ形状からもそれは伺えますが、3Tが主張するにはなんと、48mmタイヤを装着したエクスプローロは、エアロ性能で一般的なオールラウンドロードを凌ぐそうです。

価格はフレームセットで30万円からと、今回ご紹介するグラベルロードの中では最も高価ですが、それに見合った性能は十分あるということでしょうか。しかし先に上げたスレートやディヴァージュなどと違い、こちらはサスペンションを持たないエアロロード的なフレーム、更にエアロ効果を活かすためには速いスピードが必須であるため、初心者にはオススメできません。

またジオメトリも一番小さいSサイズで、トップチューブ長529mm、シート角72.5°でセットバック0mmという完全な欧米仕様です。このようにライダーを選ぶフレームではありますが、3Tが2番目に作ったフレームであることを抜きにしても、スレートに並ぶもう一つの名機です。より速さを求めるライダーにはぴったりの1台かもしれません。
http://www.bikeradar.com/us/road/gear/article/top-5-gravel-bikes-of-2018-51443/












まあ順当な並びやけど……エクスプローロをオススメに置いとくのはちょっとヤバない?
ヤバい事に気づいてしまった時の顔、琴葉茜






まあジオメトリもそうだけど、価格が本当ずば抜けて高いもんね。スレートも似たような価格帯だけど、こっちは完成車価格だし、どっちでも買える予算あれば、間違いなくスレートのほうが楽しいと思うよ。まあ1台で何でもこなしたいって人にはエクスプローロも有りなのかも
解説用、三角口、琴葉葵







関連記事:2018年最強のシクロクロスはどれだ! マストバイ徹底比較

関連記事2:なんと20万以下! 新型ルーベを驚くほど安く買う方法







関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

コンチネンタル工場見学! 世界最高峰のタイヤはどこから来るのか Aug 07, 2018
快適性は少し要改善!? TREKエモンダALRdisc、海外レビュー Jul 29, 2018
世界を一つに!? Hexloxがピッチ可変のモジュラースルーアクスルを発表 Jul 25, 2018
795、785にもディスク化の波!? LOOK、待望の新モデル続々発表 Jul 17, 2018
悪路走行のマストバイ!? グラベルロードのためのeeSilkシートポスト Jul 11, 2018
実用化はもう目前!? セラミックスピード 自社開発の新コンポDrivEnを公開 Jul 09, 2018
superを超える新兵器!? キャンンデール、systemSIX海外レビュー Jul 03, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10などなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: