スポンサードリンク お買い物は送料無料のAmazon.co.jpでどうぞ

流行の最先端!? ハイブリッド仕様の3T ストラーダ

ストラーダ5


プロチームが初めて採用を決定した1X専用カーボンフレーム、3Tのストラーダですが、イギリスである面白い組み合わせが発見されました。一見なんの変哲も無いロードバイクですが、その変速機はMTBのものです。

しかし使用上の問題は何一つありません。シフターはロード用のSTI、通常なら互換性はありませんが、Di2化によって問題は全て解決されました。これは正しく電動シフトが切り開いた、新しい未来の1つです。


さてストラーダの話に移りましょう。性能としてはグラベルロードとエアロロード、両者の性能を高い次元でミックスした傑作ロードです。重量は7.7kg、登りでも決して悪くはありません。

しかし、フォーククラウンを切り詰めた設計で、ハンドル位置は通常より低くなるため、柔軟性のないライダーにはちょっと乗りづらいでしょう。またサイズの幅が少なく、一部のライダーは極端なセッティングを強いられます。

3Tジオメトリ
(これが3Tストラーダのジオメトリ、サイズは4種で、全て同じシート角という驚異の手抜きラインナップ。一番小さいサイズでトップチューブ長が529mmという鬼仕様な上に、専用シートポストはオフセットが0mm)

更にワイドレシオなギアは、軽快さに欠けるライドを強いられます。軽快さを求めるなら、ルートによってスプロケットを使い分ける柔軟な運用が必要でしょう。しかし、それを考慮しても、1X化による高いエアロ性能と軽量性は十分魅力的です。

マストバイではありませんが、約1ヶ月のライドで致命的な欠点は1つも見つかりませんでした。速さと快適さ、ワイドギアにディスクブレーキ、個別の要素としては、より安価な価格帯で、良いバイクが他にもたくさんあります。しかし、すべてを兼ね備え、それらを先進的な形でまとめ上げたバイクは、ストラーダだけです。
http://road.cc/content/review/232626-3t-strada-frameset













そっか、電動シフトはケーブルの引き量を考慮せんでええから、そういう使い方もできるんやな(ただしスプロケとディレーラーはロード用かMTB用で統一する必要有り)
ヤバい事に気づいてしまった時の顔、琴葉茜






ストラーダに関しては元記事で快適性も良いって言ってるけど、実測31mmのタイヤで4.8barの話だから、あんまり当てにならないね。肝心のエアロ効果に関しても風洞実験まではしてないらしいし、最新鋭のエアロロードより性能高いっていうのはちょっと信じがたいかな
基本11







関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

Zwiftから新たな選手が誕生! 28歳の看護師、夢を掴む Dec 15, 2017
ジロ主催「フルームの事件は大きな痛手」 出場自粛の可能性も Dec 15, 2017
充電不要なe-bike!? Linde H2は普及なるか Dec 14, 2017
ホイールで全てが変わる!? 自転車屋が教えるディスクロードの真実 Dec 14, 2017
ニバリ「フルームのドーピングはまだ疑惑の段階」 メディアを批判 Dec 14, 2017
21億円の大赤字!? UCI世界選手権2017の大きな失敗 Dec 13, 2017
リッチー・ポート「フルームは無敵ではない」 目標は打倒Sky Dec 13, 2017

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

カウンター

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10、SUBARUインプレッサなどなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: