↑Kickstarterはもう古い?
Amazon全面協力の新型サービス、MaBeeeUNOⅡなど話題の商品も続々追加!
詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

究極の軽量化技術 恐るべきそのTop5とは

軽量化6


軽量化はロードバイクにとって永遠のテーマです。10gの差でメディアが騒ぎ、100gの差で値段が2倍になると言ったら、自転車業界の異常さが伝わるでしょうか。それほどまでにライダーは重力に縛られています。

その為数々の軽量パーツが野に放たれました。ある物は最先端技術を駆使し、ある物は極限まで肉抜きを施し、ある物は耐久性という概念を放棄して、1gでも優位に立とうと、持てる全ての技術力を投入しています。今回はそのトップ5を厳選しました。ぜひ軽量化という業の終点をとくと御覧ください。




・FCCSカスタムシューズ
軽量化

これは間違いなく世界最軽量のシューズでしょう。素材はアッパーに至るまで、全てフルカーボン、しかもその製造過程はフルオーダーメイドで、シリコンで型取りした足型を元に作成されます。重量は足のサイズによりますが、150g前後、耐久性を無視すれば100gも可能だそうです。




・エクストラライト HyperStem
軽量化2

ステムの軽量化は合理的ではないというのが、昨今プロの共通認識ですが、イタリアの錬金術師は常識を覆します。エクストラライトの製造するHyperStemは120mmで88gという脅威の軽量性を実現しました。

その剛性は気になるところですが、驚くべきことに、エクストラライトはCXやエンデューロでも使用可能だと主張しています。コントロールテクニックに自信のあるライダーにおすすめです。




・Schmolke TLO 30チューブラーホイールセット
軽量化3

このチューブラーホイールセットは、残念ながら最軽量ホイールではありません。しかしながら価格と軽量性のバランスという観点では間違いなく最強のホイールと言えるでしょう。更に105kgの体重制限と25mmのリム幅は、他社競合の軽量ホイールよりも汎用性に優れる仕様です。

ヒルクライムで勝利を掴みたいライダーにとって、間違いなく表彰台への最短距離となるでしょう。多分、これが一番早いと思います。




・Trek エモンダ SLRディスク
軽量化4

ディスクロードは通常のロードバイクよりも重くなる傾向にありますが、このエモンダ SLRディスクはその数少ない例外です。その重量は2018年のマイナーチェンジで660gとリムブレーキモデルに対して20g差まで肉薄しました。また両者の差は依然として存在していますが、この20gは伸びしろです。この先さらに進化が進めば、フレーム重量の逆転もあり得るかもしれません。




・THM Clavicula SEクランク
軽量化5

SEクランクは軽量バイク界のベンチマーク的存在です。最軽量を謳うロードバイクには全てこのクランクが装着されています。それもそのはず、なんとその重量はデュラエースクランクの約半分、たった302gです。しかし、その価格もデュラエースクランクの2倍以上の17万8000円と驚異的なものがあります。





このように数多くの軽量化技術が開発され、恐ろしいことにそれらはある程度普及しています。今日日5kg以下のマシンを組むことは決して難しくありません。しかし、それがどれだけの速度向上を生むでしょうか。軽量パーツが保証するのはその軽量さだけです。それは決してあなたの幸せを保証するものではありません。
http://www.bikeradar.com/us/road/gear/article/top-5-ultralight-road-bike-tech-51225/














コンポの軽量化や、行き着くとこまで行ったら完全に沼やな。ウチは関わらんとこ
半目6







まあ軽量化に関して言えば、自分を軽量化するのが一番安いっていうのは昔から言われてるよね。私も下ハンカットとか行き過ぎた軽量化はどうかと思うし、数字ばかり気にするのもあんまり良くないのかも
基本3

関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

コンチネンタル工場見学! 世界最高峰のタイヤはどこから来るのか Aug 07, 2018
快適性は少し要改善!? TREKエモンダALRdisc、海外レビュー Jul 29, 2018
世界を一つに!? Hexloxがピッチ可変のモジュラースルーアクスルを発表 Jul 25, 2018
795、785にもディスク化の波!? LOOK、待望の新モデル続々発表 Jul 17, 2018
悪路走行のマストバイ!? グラベルロードのためのeeSilkシートポスト Jul 11, 2018
実用化はもう目前!? セラミックスピード 自社開発の新コンポDrivEnを公開 Jul 09, 2018
superを超える新兵器!? キャンンデール、systemSIX海外レビュー Jul 03, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10などなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: