グラベルキング48C WTBに負けない和製ホライゾン

パナレーサー


近年グラベルロードなどで話題となっているウルトラワイドスリックタイヤ、WTBのホライゾン47Cですが、その定価は7800円とツーリングタイヤにしては強気の価格設定です。

そこで代替品になるものが何か無いか探してみた所、意外にもそれは日本国内にありました。Panaracerのグラベルキング48Cです。グラベルキングSKに隠れているのと、27.5×1.90という、ロードバイクでは一見馴染みのないザイズ表記のため、あまり目立ちませんが、ホライゾンと同じく650Bのホイールに対応し、ほぼ全てのシクロクロスフレームに使用可能です。

スパックを見てみると、グラベルでも十分通用する耐パンク性に、スリックとヤスリ目を合わせた舗装路向きのドレッドパターン、チューブレス対応などWTBホライゾンと同じ特徴を備えながらも、その定価は5191円(税抜き)とWTBホライゾンより格段にお手頃です。

更にグラベルキングは同社のロードバイク向けタイヤから多くのフィードバックを受けた製品であることも考慮すべきでしょう。コンパンドはクローザープラスと同じナチュラルZSGが使用され、オンロードでのグリップを格段に高めながらも、その上位モデルで使われるAX-αコードを用いることでさらなる耐パンク性と快適性を追求しています。

WTBがMTBタイヤ専業メーカーとして革新的なアイディアを持っていることは確かですが、残念ながらオンロードではPanaracerの方が一日の長です。ホライゾンの方が5g軽量ですが、数字で表せない性能はグラベルキングのほうが間違いなく上回っています。
https://panaracer.co.jp/lineup/touring.html












でもホライゾンの飴色サイドめっちゃカッコええやん?それだけで差額分の価値はある思うで
半目6







まあWTBホライゾンってWiggleだと5000円台で売ってるんだけどね。パナレーサーさん最近はAmazonでの値引率もしょっぱいし、以前みたいなお得感はもうなくなった感じかも
基本7






関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

キャニオンがVelofixと提携 実店舗はあと何年持つか Nov 21, 2017
なんと20万以下! 新型ルーベを驚くほど安く買う方法 Nov 21, 2017
ピナレロのカーボンe-bike nytroは起爆剤になれるか Nov 21, 2017
サドル沼の根本原因 前乗りになるとサドル荷重になる話 Nov 20, 2017
中国製ブレーキにご用心 イギリスで死亡事故 Nov 20, 2017
地下バンカーで大量の盗難車が発見 犯人は自転車屋? Nov 20, 2017
意外にも時代遅れ? イギリスでナンバープレートの議論 Nov 19, 2017

カウンター

ブログランキングはこちら

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: