スポンサードリンクAmazon.jp お得なタイムセールはこちらをクリック

YPJーER 徹底的に改良されたヤマハの新型e-bike

YPJ-ER.jpg


ボッシュの日本向けパワーユニットが新たに製造され始め、ようやく本格的に動き始めた日本のe-bike市場ですが、いち早くe-bikeを作り始めたヤマハもそれに合わせて新製品を発表しました。その一番の目玉は、同社が展開するeロードバイク、YPJ-RのハイエンドモデルとなるYPJ-ERです。

これはヤマハが海外向けに製造していたMTB向けパワーユニット、PW-SEを日本向けにローカライズし、ロードバイクに搭載したものです。基本デザインこそYPJ-Rに近いものがありますが、そのこだわりようは凄まじく、もはや全く別のフレームと言っていいでしょう。



まず、フレーム設計は完全に新規のものです。YPJーERは、『ロードバイクに電動アシスト』というYPJ-Rとは全く真逆のコンセプト、『PW-SEを搭載した自転車を、限りなくロードバイクに近づける』というテーマの元に開発されました。

その為、アシスト無しの素の性能ではYPJ-Rに劣るものの、400Whのバッテリー容量と35Cまで収容可能なタイアクリアランスを備え、バッテリー交換のために湾曲したトップチューブはフレームバッグのスペース確保にも貢献と一日中のロングライドも可能な実用的仕様となっています。

発売時期はまだ未定で、YAMAHAはこれをコンセプトモデルだと主張しますが、複数の展示会場で実稼働可能なYPJーERが確認されています。発売時期に関してはは来春の可能性が濃厚ですが、年内には何らかの新たな発表があると見て間違いありません。
https://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/event/tokyo-motorshow-2017/exhibitionmodels/ypj-er/













はーついに来たって感じやな。これが出ればe-bikeツーリングも夢じゃないやで
半目6







低速しかアシストないって言っても、山岳メインだと恩恵はデカイだろうし、ワイドタイヤのデメリットも相殺できるしでいい感じだね。エアロ重視でZIPP808やSES7.8とかTTトライアスロン用のディープリムと合わせてみるのも面白いかも
基本7







関連記事:2018年はe-bike元年になるか。 日本向けモデル次々発表!






関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

GPSサイコンのマストバイ!? より軽くなったガーミンEdge130 Apr 19, 2018
硬いフレームは正義?それとも悪? 意外と知らない分析データ Apr 18, 2018
クロモリ終了のお知らせ? 英研究者「チタンの製造コスト50%減」 Apr 17, 2018
前代未聞の新レース!? e-bikeカテゴリ最大規模『ジロE』始動 Apr 16, 2018
GCNクイックビュー「エアロロードは作れる!?最速通勤プロジェクト」 Apr 13, 2018
GCNクイックビュー「高級ロード?中堅ロード?マストバイはどっちだ」 Apr 12, 2018
尻痛の時代はもう終わり!? Redshift、最新式ロード用サスを発表 Apr 11, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

カウンター

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10、SUBARUインプレッサなどなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: