ただのライトはもう時代遅れ? マジックシャインMJ906B

マジックシャイン


マジックシャインは日本ではマイナーなブランドですが、長年スキーやダイビングなどライトの需要が高い分野でアウトドア向け製品を多数販売してきました。その中でも最もロードバイク向けのライトといえるのがこのMJ906Bです。

これはバッテリー分離式の大光量ライトで、一見ロードバイクにはオーバースペックに思えますが、それは全くの間違いです。このライトは5200mAhの大容量バッテリーと最大光量3200ルーメンのLED、96g(バッテリーを除く)という軽量性を備えておりますが、その一番の特徴はそれらではありません。

それはスマホから光量を1%単位で変更可能な点です。これによりユーザーは状況に左右されること無く、常に最適な光量で前を照らすことが出来ます。またBluetoothコントローラーも備えているので、ヘルメットやフロントフォークなどその設置場所は自由自裁、さらにバッテリーと本体は防水コネクターで接続されるため、予備バッテリーを持ち運べば、最大光量のままロングライドも可能です。

防眩のため照射角が絞られておらず、トレイルでの使用は不向きですが、郊外の夜道では無類の力強さを発揮します。ナイトライドの機会が多いライダーはマストバイのアイテムと言えるでしょう。
http://www.bikeradar.com/us/mtb/gear/category/accessories/lights/front/product/magicshine-mj906b-review-51633/












こういうライト本体とバッテリーがケーブル接続で離れとんはええよな。常備用はIon 800一択で、たまの遠征にはキャッツアイのボルト800が攻守最強やと思っとったけど、輝度調節できるのは中々ポイント高いで
半目6






ハイとローの間がほしい状況って結構多いもんね。トレイルじゃ光量不足かもしれないけど、真夜中に山の中走るってよっぽどのトレイルキチじゃないとしない使い方だし、ニッチを切り捨てたのは懸命な判断かも。
基本7





関連記事:スボラ管理でも問題なし!超実用的リアライトKnogポップ








関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

キャニオンがVelofixと提携 実店舗はあと何年持つか Nov 21, 2017
なんと20万以下! 新型ルーベを驚くほど安く買う方法 Nov 21, 2017
ピナレロのカーボンe-bike nytroは起爆剤になれるか Nov 21, 2017
サドル沼の根本原因 前乗りになるとサドル荷重になる話 Nov 20, 2017
中国製ブレーキにご用心 イギリスで死亡事故 Nov 20, 2017
地下バンカーで大量の盗難車が発見 犯人は自転車屋? Nov 20, 2017
意外にも時代遅れ? イギリスでナンバープレートの議論 Nov 19, 2017

カウンター

ブログランキングはこちら

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: