スポンサードリンク お買い物は送料無料のAmazon.co.jpでどうぞ

最もクレイジーなシクロクロス キャノンデールSuperX

キャノンデール スーパーX


キャノンデールSuperXは最も高性能なバイクではありませんが、最もクレイジーなバイクであることは間違いありません。その所以は独自のSiインテグレーションにあります。これはリアエンドを右に6mmオフセットしたキャノンデール独自の非対称設計で、リアホイールのスポーク長を左右均一にする働きを持ちます。

しかしこれによって通常の完組みホイールは使用できません。キャノンデールのエンジニアはまともなシクロクロスバイクを設計すると死に至るに違いないでしょう。これを克服するためにはオーダーメイドでホイールを作ってもらうか自分で作るしかありません。幸いエンド幅は142mmで12mmのスルーアクスル規格なので、一般的なディスクハブでホイールを組んでも大丈夫です。

ただ問題はそれだけではありません。内蔵シートクランプの固定力は体重の大きいライダーに対して不十分です。すべり止めペーストを増やしても症状は治まらず、最終的にはアルミシートポストを強いトルクで締め付けることで解消しました。

ですが悪い点ばかりではありません。スーパーシックスエボから着想を得た設計は太いタイヤと合わせてしなやかな乗り心地をもたらし、ショートチェーンステーとロングセンターの組み合わせは慣れこそ必要ですが、優れた加速力と安定性を兼ね備えています。完成車に付属するホイールも軽量では無いですが、Siインテグレーションのお陰か、そこまで悪い印象はありません。いくつかの欠点があることは確かですが、それを考慮してもSuperXは最高のバイクの1つであることに間違いないでしょう。
http://www.bikeradar.com/us/gear/category/bikes/cyclo-cross/product/2018-cannondale-superx-force-1-51580/















前後スルーアクスルだと思った?残念!専用設計でした-とかいうノリが正にキャノンデールを体現したモデルやな。しかも2018年モデルなのにBB30aじゃなくてBB30やし
半目6








日本だとエイペックスモデルしか無いのにUSだとDi2モデルまであるんだね。カーボンシートポストはフォースからだから、シートポストの心配はしなくていいのは怪我の功名かも
解説用、三角口、琴葉葵





関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

ENVEの新しいステム!? ツアー・ダウンアンダーで確認 Jan 19, 2018
UCI会長「ジロ開催までに解決する」 フルームの疑惑、終局への動き Jan 18, 2018
サイクルレーンは環境破壊!? 政治家「大気汚染を加速させる」 Jan 17, 2018
サルブタモール疑惑ついに決戦か!? フルーム弁護団「閾値違反は腎臓の問題によるもの」 Jan 17, 2018
誘致費用は4.7億円!? 2021年世界選手権開催にベルギーが立候補 Jan 16, 2018
ミケル・ランダ「ジロは出ない」 目標はダブルツール制覇!? Jan 16, 2018
TREK、2018年はディスクロードで大攻勢!? 新フレームも密かに発売 Jan 15, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

カウンター

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10、SUBARUインプレッサなどなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: