↑Kickstarterはもう古い?
Amazon全面協力の新型サービス、MaBeeeUNOⅡなど話題の商品も続々追加!
詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

クリートペダル徹底比較 マストバイは一体何か

ペダル

クリートペダルシステムはLOOKが開発し、グランツールで爆発的に普及してから数々のメーカーが開発に乗り出しました。現在主なロード用クリートペダルの選択肢としてはLOOK、シマノ、TIME、スピードプレイの4つが挙げられます。一体どれが真に素晴らしいクリートペダルシステムでしょうか。


しかしその答えは論ずるまでもありません。一番優れているのはシマノです。
何故なら、消耗品であるクリートが一番安く、耐久性に最も優れるからです。もちろん重量ではTIMEに劣りますし、調整幅という意味ではスピードプレイに並ぶクリートはありません。しかしそれらは複雑な構造故に耐久性に不安が残ります。LOOKは簡素な構造でシマノよりも軽量ですが、シマノから乗り変えてタイムが減ったという話は古今東西聞きません。

更にシマノには予算を抑えたいライダーのために、R-540という究極の秘密兵器があります。これは形状こそ上位モデルと若干異なるもののシマノのSPD-SLにしっかり対応し、ベアリングの回転もアルテグラと変わりありません。

シマノは性能追求に明け暮れる事無く、真にユーザーの求めるものを目指した唯一のメーカーと言えるでしょう
http://www.bikeradar.com/us/road/gear/article/best-road-bike-pedals-33045/













徹底比較ってタイトルで言うたのにこの短さはなくない?
ちょいおこな顔、琴葉茜







「やろうと思ったら出来るけど長々書いても面白くないし疲れるからパス」だってさ。それだと私達の出番も減るし、シマノが最強っていうのは聖書にも書かれた事実だからこれで良いんじゃないかな
基本3













関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

コンチネンタル工場見学! 世界最高峰のタイヤはどこから来るのか Aug 07, 2018
快適性は少し要改善!? TREKエモンダALRdisc、海外レビュー Jul 29, 2018
世界を一つに!? Hexloxがピッチ可変のモジュラースルーアクスルを発表 Jul 25, 2018
795、785にもディスク化の波!? LOOK、待望の新モデル続々発表 Jul 17, 2018
悪路走行のマストバイ!? グラベルロードのためのeeSilkシートポスト Jul 11, 2018
実用化はもう目前!? セラミックスピード 自社開発の新コンポDrivEnを公開 Jul 09, 2018
superを超える新兵器!? キャンンデール、systemSIX海外レビュー Jul 03, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10などなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: