↑今話題の新サービス、なんと月々2138円でJスポが全ジャンル見放題!?オンデマンド配信対応、詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

新たな流行なるか。イーストン発のスーパーディープリムEC90 Aero85 Disc

イーストン エアロ85


これは大きな変化でしょうか。DTswissと並び、イマイチ冴えないホイールメーカーの名を欲しいままにしてきたEastonですが、満を持してディスク仕様のスーパーディープリム市場に参入します。その先駆けとなるのは、なんとカーボンクリンチャー、EC90 Aero 85 Discです。

仕様としては、その名の通り85mmハイトのリム、幅は内径19mm外径28mmと近年の流行に沿ったワイドリムで、ホイールセットの重量は1827gと重量級ながらも、オリジナルのVaultハブとSapim CX-Rayのお陰かハイトの割に軽量な仕上がりとなっています。

また肝心のエアロ効果に関しては『40kmタイムトライアルでEC90 Aero55よりも14秒短縮出来る』として、競合他社のホイールより高い優位性が有るとイーストンは主張します。これは人によっては少なく感じる値かもしれませんが、エアロ効果を突き詰めるにあたっては重要な数字です。

ディープリムが普及してきた昨今、実用性に関してはまだ疑問の残るスーパーディープリムですが、見た目のインパクト、高い巡航性能など、スペックシートに現れない長所もいくつかあり、決して侮れないカテゴリーです。近い未来、ひょっとしたらこのハイトが標準となる可能性もあるかもしれません。
http://www.cyclingweekly.com/news/product-news/new-85mm-deep-disc-brake-carbon-clincher-easton-374600













平地だけ走るならええかもしれんけど、1827gってヤバない…………
ヤバい事に気づいてしまった時の顔、琴葉茜







ハイトの割には軽いのかもしれないけど、ZIPP858(77~82mm)やSES7.8(F71mmR78mm)より普通に重いもんね。それに正味ワイドリムになった時点で50mm以上のハイトは必要性薄いし、価格次第かなとは思うけど、日本だとかなり用途を限定されるホイールかも
解説用、三角口、琴葉葵







ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
↑今話題の新サービス、なんと月々2138円でJスポが全ジャンル見放題!?オンデマンド配信対応、詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

ポストマウントは絶滅危惧種!? 3T Exploroがマイナーチェンジ

3Tエクスプロ-ロ


これは小さな変化ですが、大きな流れとなるかもしれません。3Tは自社が発売するグラベルロード、Exploroをマイナーチェンジし、MTB由来のポストマウントから最新鋭のフラットマウントへとブレーキキャリパーの規格を変更します。

しかしながら、3Tのヘッドデザイナー、ジェラルド・ヴェローメン氏は「規格を変更しても特に性能は大きく変わりません」としてフラットマウントに否定的な見方を示します。確かに3Tの広報チームは『この変更によりフロントフォークは設計を一新し、よりエアロな形状へと進化した』と主張しますが、あまり違いがあるようには思えません。

「ポストマウントは完璧に機能していました。僅かな軽量化を天秤にかけても、普通ならフラットマウントを採用する理由はありません。ですが、業界のリーダーであるシマノはフラットマウントを強く支持します。それに逆らうのはとても難しい判断です」

ですが、フラットマウントを悪と言い切るのも早計です。この変更によりExploroTEAMのフレームは60gの軽量化を果たしました。MTBでは今なお主流のポストマウントですが、シクロクロスなどでも徐々に市民権を奪われつつあるのが現状です。近い未来、ディスクブレーキがフラットマウント規格に統一される可能性も決してゼロでは無いでしょう。
http://road.cc/content/tech-news/239257-3t-updates-exploro-aero-gravel-frame-new-aero-fork-and-flat-mount-brakes











フラットマウントなぁ、ウチ的には見た目すっきりするしでかなり好きなんやけど、まあ作る側としては複雑な気持ちなんやろうか
ちょいおこなお姉ちゃんの顔、琴葉茜








欠点としてはポストマウントより効きが悪いって言うのがちょいちょい言われてるよね。まあローター径の関係もあるだろうし一概には言えないと思うけど「必ずしもメリットばかりではないよ」っていうのがヴェローメンさんの言いたいことなのかも
基本11








ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
↑今話題の新サービス、なんと月々2138円でJスポが全ジャンル見放題!?オンデマンド配信対応、詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

スチールロードもディスク化の波!? バッタリンPower+にDisc仕様が追加

バッタリンディスク


これは大きな変化の前触れかもしれません。イタリアの名ブランド、オフィチーナ バッタリンは自社のフラグシップスチールロード、Power+にディスク仕様を追加し、いずれ来るディスクロード時代への備えを完璧に果たします。

大きな特徴としては、長らく実績を積み重ねたPower+リムブレーキ仕様に限りなく近づけられたバイクで有ることでしょう。素材は変わらずコロンバスHSS、最大タイヤ幅も特に増えず、耐久性を重視した厚塗りの塗装、イタリアでフィレットロウ付けが行われるのも従来と同じです。

しかし、完璧に同じではありません。スルーアクスル化によって設計は見直され、チェーンステーの形状など細かな部分でより綿密なブラッシュアップが加えられています。

また創業者のジョバンニ・バッタリン氏は、新しいPower+ディスク仕様に関し、軽量性、快適性、反応性の全てをスチールバイクの限界まで高めたとして「現役時代にこのバイクがあったら確実に乗っていた」と述べます。そしてその真偽を差し置いても、これはスチールロードの中で最も強固な1台であることは間違いないでしょう。この上ない剛性を求める方にはぴったりの1台かもしれません。
http://road.cc/content/tech-news/239191-officina-battaglin-embraces-disc-brakes-new-power-disc-steel-road-bike













バッタリンなぁ……興味はあるんやけど、この青はちょっとどうなん?デザイン的に間違いではないんやけど、この配色はマズイんちゃう……(おフランス並感)
ヤバい事に気づいてしまった時の顔、琴葉茜







モダンスチールを否定するつもりはないけど、これは流石にコンポーネントで軽さを稼げる人向けかな。チュービング太めのスチールバイクとしては希少価値は高いけど、機能美追求するならカーボンフレームでいいし、あんまり食指は動かないかも
解説用、三角口、琴葉葵






ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
↑今話題の新サービス、なんと月々2138円でJスポが全ジャンル見放題!?オンデマンド配信対応、詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

サガン「批評家の意見など聞かない」 世界王者のマインドセット

サガン343556


これは世界を股にかける上で、最も重要な資質かもしれません。先日行われたヘント〜ウェヴェルヘムのレースで久々に勝利したサガンですが、彼はここ数日の不調な戦績を振り返りながら「批評家の意見を見たり、新聞を読んだ事はない」として、自身のスタイルを明かします。

「メディアはいつも風見鶏です。調子の良い時はどこまでも持ち上げますが、調子の悪い時は批評しか書きません。なぜ当事者である私がそれを読むべきですか?それは私の人生です。ジャーナリストの物ではありません」

確かに、いくつかのジャーナリストはサガンがE3 Harelbekeで26位のフィニッシュを終えた後、彼のフィットネスやチームの体制を疑問視する記事を公開しました。サガンがクラッシュで主要なチームメイトを失い、アシストのダニエル・オスも不調だったことは事実ですが、記事の中には少なからず筆者の憶測も含まれます。

これに対し若干の不満を見せたサガンですが、その話題はすでに彼の眼中にありません。世界王者が見据えているのは4月のツール・デ・フランドルとその先の大会です。彼はその準備のためドワルス・ドール・フラーンデレンを欠場と決め、ホームのモナコに帰っていますが、着実に牙を研いでいます。反撃の狼煙はもう秒読み段階に入ったと見て間違いないでしょう。
http://www.cyclingweekly.com/news/racing/peter-sagan-dont-listen-critics-374315













はーん、人気が無いんはツライことやけど、あったらあったで色々大変なんやろな。まあとりあえず勝利自体はおめでとうやで
お姉ちゃんしてる時の顔、琴葉茜






クラシックは路面悪いとこ多い上に距離長いから、どうしても運要素デカイのが悩みどころだね。サガンにはもっと頑張って欲しいけど、ツール・デ・フランドルは思わぬ番狂わせがあるかも……
基本11








関連記事:サガン「勝利は気にしてない」 元シルバーコレクターはかく語る



ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
↑今話題の新サービス、なんと月々2138円でJスポが全ジャンル見放題!?オンデマンド配信対応、詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

やはり出場停止を計画中!? ツール主催「フルームは出禁」  

フルーム35


これは残念ですが致し方ない出来事かもしれません。世界最大のロードレースであるツール・ド・フランス、その主催として知られるASOは「7月までにフルームのサルブタモール疑惑が終結しない場合、彼をツールには参加させない」として自身の方針を関係者に明かしました。

フルームのサルブタモール疑惑に関してはもう語るまでも無いと思いますが、それに伴う処分は未だ保留されたままです。現状フルームに出場停止を課す権利があるのは、彼が所属するチームSkyとそのGM、デイブ・ブレイルスフォード氏のみであり、UCI会長ダヴィ・ラパルティアン氏も「彼の権利を最大限尊重する」として表立った動きを見せていません。

しかしながら、ASOは「レースのイメージを守るため」として、フルームに出場停止を課しても、Skyからの訴訟を跳ね除けることが出来ると主張しており、この決定がブラフでは無いことを物語っています。

事態はもはや一線を越えた状況です。真実を追求するためにはより厳正な審判が必要ですが、事態を収拾するためには何よりも早期の裁決が求められます。誰に非があるという話でも無いですが、日和見的な対応を続けるラパルティアン氏、彼へのバッシングは当面止むことは無いでしょう。
http://www.cyclingweekly.com/news/racing/tour-de-france/tour-de-france-organisers-will-stop-chris-froome-racing-salbutamol-case-isnt-resolved-reports-suggest-373963













うーん、まあしょうがないわな。残念やけど今年のツールはトーマスでも応援しようか
ちょいおこなお姉ちゃんの顔、琴葉茜






でも何か雰囲気的にASOはジロでフルームが勝ったら180°意見変えそうな気がするのは私だけかな………UCIもその後のゴタゴタを狙って新しい声明出しそうだし、まだまだ気は抜けないかも
基本11






ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
↑今話題の新サービス、なんと月々2138円でJスポが全ジャンル見放題!?オンデマンド配信対応、詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

シマノDi2も遂にワイヤレス化!? SRAMとの仁義なき特許戦争、開幕【追記あり】

Wireless.jpg


これは大きな事件かもしれません。シマノは今年の3月1日、米国特許庁に提出した新たな特許が認められたことが明らかになりました。そして、その特許の内容は驚くべきことにライバルの競合他社、SRAMの牙城であるはずの無線コンポについてです。

図面の大きな特徴としては、SRAMが発売するeTapと同じくシフトスイッチが左右一つづつとなっており、それらが現行のDi2と異なるレバー式で動作する点です。シマノが自らアイデンティティを捨てるとは考えにくいですが、シンクロシフトの存在も考慮すると、これがDi2の新しい形とも考えられます。

また特許の中では「圧力、振動を利用した電気エネルギー発生素子を電源として利用できる」と述べられており、実用化されればさらなる軽量化が期待できるでしょう。

しかしながら、これがシマノから製品化されるかと言うとまだ疑問が残ります。一番の問題は通信規格です。eTapではシフター~ディレーラー間の通信に2.4GHzトランシーバーを使用していますが、シフターにそれを組み込む特許はSRAMの物で、シマノはこのままでは無線コンポを作ることは出来ません。今後どうなるかは分かりませんが、2018年、大きな戦いの火蓋が切って落とされたことは間違いないでしょう。
https://www.bikeradar.com/us/road/news/article/shimano-di2-wireless-51967/













ふーん、そういうことか。完全に理解したわ
(↑全然分かってない)
ちょっとうれしい時の顔、琴葉茜







とりあえず全文読んでみたけど、特許の内容としては「無線化でeケーブルのコネクターが無くなった分、油圧ユニットの配置がより改善できるよ」って感じで、肝心の無線技術には全然触れてないね。

シマノが本当に無線コンポを作るつもりが有るのかは微妙だけど、この特許、油圧e-tapの改良を阻止するためにはこれ以上無い最善手だと思うよ。SRAMにとってはかなり大きな痛手かも
解説用、三角口、琴葉葵








【編集後追記】

このまま終わらせると一部の面倒くさい方々に「eTapが2.4Ghz帯とかどこソースじゃワレェ」と怒られそうなので、その点について少しお話したいと思います。

まず前提として、日本国内のISM周波数は2.4Ghz帯と5.8GHz帯に分かれるわけですが、5.8GHz帯は免許なしに使える条件がWiFiなど一部の例外に限られます。しかもあのサイズに5.8Ghzのトランシーバーが入るとも思えないので、必然的に2.4GHz帯です。


ですが、となると国内メディアが報じた『国内では他に使用する電波のない専用の電波帯を「eTapプロトコル」として割り当てることで、その心配を大幅に減らしているという』文言と矛盾が生じるように思えます。

しかしながら物は言いようです。『専用の電波帯』と言えば聞こえは良いですが、逆に言うと、デメリットがあり他社では使わない電波帯ということです。

つまり2400~2497MHzが規定されている2.4GHz帯の中でも、電波の直進性が悪くなる2400~2430Mhz辺り、その領域であれば使用する機器がeTapのみでも不思議ではありません。またデメリットである回線速度の低下という点もロードバイクの変速コンポーネントであれば十分無視できる範囲に収まります。


まあ、話は変わって、もしシマノが数年以内に無線コンポ出してくるとしたら、バーエンドジャンクションにトランシーバー仕込んで特許回避&従来のDi2シフターと互換性も有るよって感じですかね……

となるとディレーラー側はバッテリー部にトランシーバー仕込む形になると思うので、お財布には優しくないかもしれません。あくまでも予想ですけどね。





【追記3/24】

CBNさんがTwitterで「2016年申請」って書いてたのでんん~?と思い見返した所、申請自体は2016年で、それが認められた結果が今年の3/1に出たって感じみたいですね。

なので「今年の3/1に特許出願」というのは誤訳です。申し訳ございませんでした。


ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
↑今話題の新サービス、なんと月々2138円でJスポが全ジャンル見放題!?オンデマンド配信対応、詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

カンパニョーロが12速化!? 気になる特許の正体とは

カンパ


これは大きな変化の前触れかもしれません。米国特許庁によると、昨年、カンパニョーロが12速化に伴う特許を提出したことが明らかになりました。

特許の詳しい内容としては、12速スプロケットを従来のホイール、フレーム、チェーンで使用する際の規格について述べられていますが、残念ながら肝心の問題、12枚目のギアをどこに固定するかといった点に関しては一切言及されていません。図面でも11速スプロケットを代用する形で詳細は隠されており、秘密は未だにヴェールに包まれたままとなっています。

また興味深い点として、特許として示されたギアの範囲がかなり狭く、現行のスーパーレコードより更にクロスレシオ化していることが挙げられます。12速化したにもかかわらず一番広いスプロケットで11-27t しか無いと言えばその異様っぷりが伝わるでしょうか。

このクロスレシオ化は近年のトレンドに逆行する動きですが、デメリットだけではありません。シフトショックの軽減やフィーリングの向上、それらのメリットは変速のストレスを取り除き、疲労を大きく軽減します。どれだけ大きいギアが付いても、使わなければそれはただの重りです。トレンドは確かに正義ですが、それは絶対ではないことをどうか忘れないでください。
http://www.bikeradar.com/us/road/news/article/campagnolo-12-speed-51961/













ほーん。話だけ聞くとええ感じやけど、カンパニョーロはなぁ……やっぱ本命はシマノが似たようなんを後出ししてからやろうか
ちょい悲しい時の顔、琴葉茜






予想だけど、大まかな仕組みはイーグルと同じ様になって固定方式だけオリジナルって感じじゃないかな。近年カンパが妙にディスクロード推しなのも、これがやりたいからって言うのが一番の理由なのかも
解説用、三角口、琴葉葵





ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
↑今話題の新サービス、なんと月々2138円でJスポが全ジャンル見放題!?オンデマンド配信対応、詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

新型?模倣?より軽さを増した磁力式クリート、magpedの実力とは



これは一部の方々にとって嬉しいニュースかもしれません。オーストリアの男性、Paul Wessiack氏はKickstarter上で新しい磁力式ペダルとしてMagPedを発表します。

構造としてはフラットペダルに磁石に設けた形です。これにより、シューズをペダルに固定するというクリートの働きはそのままに、従来のクリートのデメリットであった床を傷つける点や泥づまりでのキャッチミスをほぼ100%防止することに成功しました。さらに固定力はマグネットの交換で変更できるので、初心者の方でもリリースが用意な設計となっており心配はありません。

また互換性としてもSPDクリート対応シューズなら全てのモデルに対応し、重量も両側で452gとレースでの使用は少し難しいかもしれませんが、実用的な範囲に収まっています。

開発者のPaul氏はMagPedを「マグネットペダルの革命です」として、これが真に従来のフラット、SPDペダルを置き換えることになると主張しました。このプロジェクトは開始してからまだ間もないですが、既に1000万円を集金し、目標額の約50%を達成しています。興味の有る方はぜひ一度、記事のリンクからKickstarterをご覧ください。
https://www.kickstarter.com/projects/830826546/magped-magnetic-safety-pedals?ref=discovery













ちょい待ち、これ思いっきりMagLockのパクリやん……?
ええんですかこれ………
ちょっと驚いた時の顔、琴葉茜







うーんどうなんだろね。一応MagLockの特許見てみたけど、請求項は磁気クリート自体の話じゃなくて磁気クリートの磁石を固定する仕組みについて書いてたからこれはセーフだと思うよ
解説用、三角口、琴葉葵






ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
↑今話題の新サービス、なんと月々2138円でJスポが全ジャンル見放題!?オンデマンド配信対応、詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

STIレバーはどう付ける!? キャニオンの新型バイク、グレイルの謎

キャニオン グレイル


これは大きな革命かもしれません。ドイツ最大手のフレームメーカーCanyonはこれまでの常識を覆す画期的なグラベルバイクとして、新型グラベルロード、グレイルを発表しました。

詳細なスペックは既に各所で報じられているので省略しますが、一番のトピックは何と言っても、この奇妙な形状のステム一体型ハンドル、CP01ホバーバーでしょう。これは従来のドロップハンドルが持つジレンマを解消するための形状で、上ハン部分は従来製品の7倍の柔軟性を持ち、快適性に大きく貢献します。

しかしながら、勘の鋭い方はこうも思われたでしょう。「STIレバーは一体どうやって付けるのか」確かにこれは由々しき問題です。しかしながら案ずる必要はありません。なんとこのCP01ホバーバー、予めSTI取り付けバンドがハンドル内のドロップに付属した状態でデリバリーされます。STIに元々付いているバンドを取り替える形で装着できるため心配は無用です。


ハンドル
CP01ホバーバー、ハンドル単体ではまだ販売されていないが、フレームセットではこの状態で届けられる。もちろんハンドル本体は上から下まで一体形成のモノコック。気になる互換性はシマノ、カンパ、SRAM、主要な3メーカーに対応)


またこのCP01ホバーバーを他社バイクに取り付ける際の注意点ですが、まずコラム径は1.1/4のオーバーサイズです。次に、専用のステムキャップがステム上面とツライチになるよう設計されているため、コラム上端を合わせて斜めにする必要があります。つまりポン付けで移植できるかと言うと答えはNOです。


グレイル、コラム
(そもそもグレイルは通常のアヘッドヘッドセットが信頼性に欠けるとして、写真中央の金属パーツがベアリングを保持する構造、つまりアヘッド規格のスレッドヘッドセットを採用しているためCP01ホバーバーは通常バイクへの移植が考慮されてない可能性も)


下ワン
(ついでに言うと、ベアリングの玉押し調整はフレーム裏側、下ワンをネジで上下して調節する。今までいらない子扱いだった下ワンに大きな役割を与え、より耐久性を向上させる画期的な設計)


ですが、ハンドルが他社フレームに移植できないからと言って、悲しむ必要はありません。ハンドルバーだけが注目されがちですが、グレイルはれっきとしたCynyonファミリーの一員です。ディスクブレーキに最適化された設計に、上から下まできちんと作り込まれたジオメトリ、フレーム重量はSLXで830gとロードバイクと比較しても遜色ないほどの軽量性も兼ね備えています。(SLは1040g)

もちろん価格面に関しても、いつものキャニオンです。SLグレードなら電動アルテグラ完成車で36万円という驚異のプライスは例えコスパ最強の代名詞であるジャイアントでも達成することは出来ません。もはやグラベルロードでグレイルの右に出るバイクは2018年、もう現れることはないでしょう。グラベルロード2018年のマストバイはこれで決まりです。
https://cyclingtips.com/2018/03/canyon-grail-gravel-bike-first-ride-review/













ほーん。Twitterでは「グラベルロードなのにwwwエアロ重視でステムツライチとかwwないわーwww」って散々馬鹿にされとったけど、中々ええ感じやん。2XSサイズもジオメトリしっかりしとるし、この前のチェックポイントより良さげちゃう?
ちょっとうれしい時の顔、琴葉茜







わざわざ独自仕様のヘッドセットに、ハンドルの切れ角を制限するオーバーターン防止機構、ヘッド周りの破損防止にかなり気を使ってる印象だね。ステムがツライチのこのデザインもエアロというよりかは、落車でぶつけても大丈夫なように、角の部分を減らしたくてツライチにしてるんじゃないかな……
解説用、三角口、琴葉葵








関連記事:ランドナーブーム再来!? TREKニューモデルの”チェックポイント”




ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
↑今話題の新サービス、なんと月々2138円でJスポが全ジャンル見放題!?オンデマンド配信対応、詳しくはバナーをクリック

【info】
6/13、本業が立て込んできたためしばらく不定期更新になります。何卒ご容赦ください

やはり一味違う乗り心地!? ターマックSL6Disc海外レビュー【追記あり】

ターマック SL6ディスク


これは評価の明暗が分かれる1台かもしれません。先日、スペシャライズドが新たに発表したターマックSL6のDisc仕様ですが、どうやら彼らはよりスパルタンな方向性にターマックを進化させたようです。

トピックとしては30mmタイヤへの対応、パワーメーター内蔵クランク、リムブレーキ仕様とほぼ変わらない軽量性が挙げられていますが、それらは今日日驚くべきことではありません。それより重要な変更として、スペシャライズドは微小ながらも大胆にジオメトリを書き換えました。

その一番の違いはBBドロップです。明確な数値はまだ示されていませんが、チーフエンジニアのクリス・ユー氏はターマックSL5との違いとして「タイヤ幅の増加によってジオメトリを洗い直しました」と述べ、チェーンステー長の増加と合わせて地面とのBBドロップを増加、従来の23Cタイヤを元にした設計から、26Cタイヤへの最適化を果たしたと語ります。


BB.jpg
(BB規格は相変わらずのOSBB、ターマックSL5と比べて30g軽量な設計)


また乗り心地に関してcyclingtipsのライター、ジェームズ・ファン氏は「スペシャライズドの『より快適になった』という主張と裏腹に硬めの乗り心地、人によっては硬すぎると感じるかもしれません」としてターマックSL5との違いを語ります。

「私はこのバイクを7週間乗りました。当初は付属の26Cタイヤのまま走りましたが75psi(5.1bar)に調整しても路面によってはまだ快適性が足りないと思ったので、ライドの後半ではENVEのAR4.5と28Cシュワルベワンのセットアップに変更しました。幸いなことに、この組み合わせでも軽量性と反応性は十分に確保できています。

その他の性能に関してはターマックSL5と比べても一切遜色ありません。唯一明確な違いとしてはSL6Discの方が路面の振動に敏感ですが、些細な違いでしかありません。コーナリングに関しても若干の違いがありますが、誤差の範囲内です」

ただ価格を見てみると、リムブレーキ版より500ドル(5.2万円)高価になっており、差額分が性能に反映されているかと言えば、若干の疑問が残ります。ディスク仕様のターマックSL6を待ち望んでいた人には福音と言えるモデルかもしれませんが、真のオールラウンドロードを求める方にとってのマストバイは別のバイクかもしれません。
https://cyclingtips.com/2018/03/specialized-s-works-tarmac-sl6-disc-review/













なんか歯切れの悪い文章やな。一番気になるんはSL6とSL6discの比較なんやけど……
基本11







とりあえず片っ端から英語記事のレビュー見てみたけど、1次ソースの記事は面白いぐらいの力技でリムブレーキ版SL6との比較すっ飛ばしてるのが笑えるね。これだけで判断するのは早いかもだけど、雰囲気的にちょっとお察し感あるかな
解説用、三角口、琴葉葵







【追記、2018/3/19】
ジオメトリについて、一部誤訳が有ったので訂正しました。SL6同士ではどちらの仕様も同じBBドロップです。




ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

満を持してのガチアルミ!? BMC、TeammachineALR01disc発表 Jun 21, 2018
業界初、一体形成チューブレス Mavic Cosmic Ultimate UST海外レビュー Jun 18, 2018
またも出た、スイス発のガチアルミ!? BMC、Roadmachine X発表 Jun 14, 2018
GCNクイックビュー「回転数vsパワー、ヒルクライムの正義はどっち?」 Jun 11, 2018
ディスクロード競争激化!? TREK、madone9discをドーフィネで解禁 Jun 06, 2018
2019年モデル採用か!? 新型Venge、Bora・クイックステップが実戦投入 Jun 05, 2018
リム400gアンダーはもう常識!? ENVE、超軽量ホイールG23、27発表 Jun 04, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

カウンター

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10、SUBARUインプレッサなどなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: