コンポーネントのカテゴリー記事一覧(クリックすると新しいタブで開きます)


トップページ さらに古い記事一覧へ≫

スポンサードリンクAmazon.jp お得なタイムセールはこちらをクリック

何と全モデルがカーボン製!? Raphaサドル、遂に正式発表

クラシックサドル


注目の新製品が遂にそのベールを脱ぎました。英国発の大手アパレルブランドRaphaは、自社製ショーツとの組み合わせで、今までにない快適な乗り心地を実現する画期的なサドルとしてRaphaプロチーム、クラシックの2種類のモデルを発表します。

その名前の通りプロチームはレース向け、クラシックは一日中のロングライド向けと差別化されていますが、クラシックは決して廉価品ではありません。両モデルともベース、レールにカーボンを採用し、生産はセライタリア社で行われるなど、品質の妥協は一切無いからです。

またRaphaは130mmと145mm、2つのサドル幅に応じてサドルのフォームの密度を変更しています。この調整はサイズによってパッド密度が異なるRahpaのプロダクト、Classic Bib Shorts IIから着想を得たもので、サドルとビブはお互いに補完し合い、ライダーに適切な快適性を提供します。

つまりこのサドルは真にRaphaユーザーの為の製品ということです。上質な製品であることには間違いありませんが、Raphaユーザーでないライダーが3万円のサドルとしてクラシックサドルを購入するのはあまりおすすめ出来ません。これはサイクリストないしRapha教徒としての覚悟を問うサドルと言えるでしょう。
https://www.bikeradar.com/us/road/news/article/rapha-pro-team-saddle-classic-saddle-weights-and-prices-52300/














ほーん。日本語の公式サイト見とると「同じ幅でもフォーム密度選べますよ~」ってニュアンスに見えたけど、そうでもないんやな
ちょいおこなお姉ちゃんの顔、琴葉茜






Raphaのサイト、日本語版は比較的きれいな文章だけど、英語版と言ってること結構違うからね。多分どうするべきか迷って、どっちとも取れる表現にしたんだろうけど、これはちょっと訂正すべきなんじゃないかな。
基本11






ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンクAmazon.jp お得なタイムセールはこちらをクリック

世界最安のパワーメーター!? たった2万円のIQsquare

IQ.png


これは驚くべき事件です。オランダのコンポーネントブランド、IQ²は世界で最も安価なパワーメーターとしてIQsquare(スクエア)を発表します。その価格は驚くべきことに、わずか149ユーロ(約2万円)です。

他のトピックとしては、セットアップの容易さと互換性でしょう。IQsquareはペダル軸にねじ込むだけで使用可能、ロード、MTB、CXと幅広い互換性を持ちます。通信機能もANT+、Bluetoothの両方に対応しており、抜かりはありません。

また重量は片側29gと十二分に軽量で、もちろん防水、バッテリーに関しては汎用のCR2030コイン電池で、200~300時間のランタイムと実用面でも中々優秀なスペックとなっています。

ただ、この製品の定価は199ユーロ(約2万5000円)となっており、先に述べた149ユーロで入手できるのはKickstarterのみで、残された期間はあと28日です。興味のある方は、どうかお早めにご応募ください。
http://www.cyclingweekly.com/news/iq2-launches-kickstarter-cheapest-power-meter-yet-377554













せやかて工藤、Qファクターが片側で16mm増加ってヤバないこれ……
ヤバい事に気づいてしまった時の顔、琴葉茜






まあ構造としてはペダル穴に延長ボルト入れてるようなものだし、Qファクターが増えるのは仕方ないね。背の高い欧米人はあまり気にならないかもだけど、ちょっとこれは使いづらいと思うよ
解説用、三角口、琴葉葵





ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンクAmazon.jp お得なタイムセールはこちらをクリック

ROTOR、ラインナップを大刷新!? 新型クランクVegastを発表

ローター、VEGAST


これは新たな進歩かもしれません。スペインの大手クランクメーカーROTORは、従来の3D+シリーズとハイエンドクランクAldhuの空白を補う新製品として、新しいクランクセットVegastを発表します。

外見的な特徴は、既に発売されているAldhuクランクと大きな違いはありません。スパイダーアームで楕円の角度を調整する機構も同じで、基本的なパーツはAldhuと互換性を持ちます。しかしながらVegastは僅かな重量増で、339.99ユーロ(約4万5000円)とAldhuと比べ大きく価格を抑える事に成功しました。

また特徴的なワンピースチェーンリングもユーザーの要望に合わせてアップデートされ、1X仕様、4ボルト110PCDのスパイダー単体仕様など幅広いオプションを展開します。

さらに、片側計測のパワーメーター内蔵クランクINPOWERにもAldhuチェーンリングと互換性を持つDM仕様が追加されました。これらは今年の5月に発売される予定です。近年ワールドツアーでは存在感の薄いROTORですが、2018年は再び大躍進の年となるかもしれません。
http://www.ciclismoafondo.es/material/novedades-material-ciclismo/articulo/rotor-presenta-sus-nuevas-bielas-vegast













ほーんええやん。重量重増えるんは確かにネガやけど、見た目変わらんのはポイント高いな
お姉ちゃんしてる時の顔、琴葉茜







まあちょっと安いって言っても外通だったら普通にデュラクランク買える値段だけどね。個人的にはDM仕様inpowerの方が気になるかも、価格次第では普通に欲しいかな
基本11







ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンクAmazon.jp お得なタイムセールはこちらをクリック

これでもう雨は怖くない!? ロードも対応、Veerベルトドライブ

ベルトドライブ


これは画期的なオプションかもしれません。イギリスの大学生グループから生まれたブランドVeerは、ロードバイクをチェーンメンテナンスの煩わしさから開放するため、ベルトドライブキットSplit Belt M1を作り出しました。

キットの内容としては66tのチェーンリングに24tのリアコグ、ベルト、テンショナーが組み合わせられ、従来のドライブトレインに換算すると42/15tのギア比を提供します。変速機能は今の所サポートしていませんが、それを差し引いてもメンテナンスフリーは大きな魅力です。

また気になる互換性は、チェーンリングがPCD130の5ボルト、リアコグがシマノフリーに対応と汎用性に富んだ仕様で、ベルトの接続も専用のピンにより、工具無しでのセットアップを可能としています。

このようにかなり実用性の高いセットアップとなっていますが、より特筆すべきは軽量性です。明確な数値は示されていませんが、ベルトドライブにより、ギア板は一般的なスチールからアルミ製に置き換えられ、より取り回しを向上させました。通勤マシンの軽量化としてぜひ導入してみてはいかがでしょうか。
https://www.bikeradar.com/us/road/news/article/veer-belt-drive-works-with-all-bikes-52157/













ほーんええ感じやん。テンショナーのお陰でホイール外すのも楽ちんやし、結構えんちゃう?
半目6






ちょっと気になるのはPCD130ってとこだよね。現状、PCD110がスタンダードみたいなもんだし、いずれ110仕様も出すみたいだから、それまで待ったほうが賢明かも
基本7





ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンクAmazon.jp お得なタイムセールはこちらをクリック

起死回生の12速コンポ!? カンパ、新型レコードの気になる詳細



これは大きなシマノに対して大きなリードかもしれません。カンパニョーロは遂に大きな困難を乗り越え、世界初のロード用12速コンポを発表します。その栄えある第一弾として選ばれたのは、同社のハイエンドコンポ、レコードとスーパーレコードでした。

一番のトピックとしては、何よりもスプロケットレンジの拡大でしょう。スーパーレコードとしては初となる11-32tスプロケットが追加され、シフトフィールはそのままに、登りはより快適になります。また究極のシフトフィールを求める方向けに11-29tも展開されており、クロスレシオ派も満足出来る仕上がりです。

しかしながら、12速化に伴う犠牲もいくつかあります。まずチェーンは11速との互換性を断ち切り、より薄く変更されました。新しいチェーンに関してカンパニョーロは「従来の11速用チェーンと同じ寿命を持つ」と主張しますが、実際の数値はヴェールに包まれたままです。また重量面に関してもスーパーレコードでグループセット重量が2000gを上回るなど、12速化の代償としてはいささか大きいデメリットも存在します。


カセットの裏側
(新しくなった12速スプロケットの裏側、下側のギアを統合するためのピンが省略され、よりスッキリとした形状に。細かい変更点としては樹脂製のスペーサーがアルミ製に変更されている)


また12速化に伴って新たに再設計されたスプロケットは、下側6枚のギアが3枚づつ一体形成され、全体がよりナロー化したことで、11速フリーとの互換性を保ちます。つまり大まかな構造は従来と同じままで、一部の素材をチタンからスチールに切り替えながらも、重量を266gに収める事に成功しました。

その他の違いは、年次改良で説明がつくレベルでしょうか。デザインは大きく変更されましたが、トレンドに沿っただけで『より洗練された』という枕詞を付けるには少し物足りません。クランクもディレーラーも性能的な違いは微々たる範囲で、従来の11速コンポと互換性は無いものの、目新しい機能は特にありませんでした。


レコード、シフター
(エルゴノミクスを重視してレバーが外側に傾き、また形状も見直されたシフター。レバー配置はいつもどおりの位置)


スーパーレコード、クランク
(大胆にデザインを変更したクランク、スーパーレコードはスパイダーアーム補強の為、ブリッジが追加されている。レコードは先代に近いデザイン)


スーパーレコード、ブレーキ
(より近代的でエアロになったリムブレーキ、重量は変わらないがブレーキブースターが追加され、制動力をより向上させた。なおリアのシングルポピットは廃盤となる)


スーパーレコード FD
(カーボン製の固定バンドがひときわ目を引くFD。クロモリフレームで使えというカンパニョーロの強い意志を感じる。内側に張り出したワイヤーストッパーは、太いタイヤと干渉を防ぐ前後リバーシブル仕様)


スーパーレコード、RD
(新型コンポの肝となるRD、ゲージオプションが廃止され、11-29t、11-32t、どちらも72.5mmのプーリーゲージで動作する。スーパーレコードはプーリーにCULTベアリングを使用)


BORA WTO60
(また新型コンポに合わせて新たに追加されるカーボンクリンチャー、BORA WTO60。BORA50より空力を重視したモデルで、リム内径19mm、25~28Cに最適化され、前後ペア重量は1,540g。よりハイトの高いBORA WTO77も前輪のみラインナップされる)




という風に最先端の24段変速を手に入れ、大きく進化を遂げた新型レコード/スーパーレコードですが、シマノが誇るR9100に対抗できるかと言うと、どう頑張っても難しい戦いとなりそうです。さらにSRAM eTapという強力なライバルが現れた現在、スチールロード市場など極めて趣味性の高いカテゴリでもシェアを奪われつつあるのがカンパニョーロの現状です。

しかしながら、希少性という意味ではむしろ磨きがかかったとも考えられます。10年後、20年後、カンパニョーロが今と同じ様にコンポを作っているとはとても想像出来ませんが、それはつまり、レコードを買うなら今しか無いということです。ZONDA、シャマル、BORA、ハイペロン、数々の名ホイールを作ってきたカンパニョーロが全力で世に送り出すコンポーネント、それを知らずに自転車趣味を続けるのはあまりにもったいないと思いませんでしょうか。いいえ、もったいないことです(反語)
https://cyclingtips.com/2018/04/campagnolo-goes-12-speed-with-super-record-and-record-rim-and-disc-groupsets/













せやかて工藤、レコードでバイク組むぐらいならそのお金で新しいウェアとホイール買ったほうが絶対幸せになれるで
ちょっとうれしい時の顔、琴葉茜






それは多分間違いないね。カンパさん名作は作ってるけど迷作も多いから……
でもSTIはシマノより軽量だし(ポテンツァ11で370g)機械式で油圧にしてもハンドル周りの重量が気になりにくいっていうのは大きなメリットかも、まあカンパニョーロって時点で魅力を感じない人だと維持管理は難しいと思うけどね。
解説用、三角口、琴葉葵






ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンクAmazon.jp お得なタイムセールはこちらをクリック

世界最軽量のエアロクランク!? 3T、TornoLTDを発表

3T カーボンクランク


これは新たな乱入者の登場です。チネリ、DEDAと並ぶイタリアの大手ブランド、3Tですが、彼らはついにクランク市場にまで自分たちの勢力を伸ばします。その尖兵として発表されたのは、なんと僅か340gの1X専用カーボンクランク、TornoLTDでした。

勘の鋭い方はもう気づかれたかもしれませんが、厳密に言えばTornoLTDは3Tが作ったものではありません。設計製造を行うのは2016年に3Tが買収したドイツのMAD集団、THMです。彼らは今も自社ブランドを維持していますが、このTornoLTDも彼らの持つ技術が惜しみなく注ぎ込まれた恐るべき逸品です。

その結果、純粋なクランクとしては世界2位(1位はもちろんTHM、Clavicula SE)またエアロクランクとしては世界最軽量の軽さを成し遂げました。更にチェーンリング部は1X製品で評価の高い米国メーカーWolf Toothによって作られているため、信頼性に関しても抜かりはありません。

このようにワールドワイドな良いとこ取りと成し遂げたTornoLTDですが、真に驚くべきはその価格です。定価で1260ドル(約11万円)という価格はクランクセットとしては十二分に高価ですが、THMの製品として考えれば比較的安価です。1X専用で使い勝手の悪い製品ではありますが、価格以上の価値を秘めていることは間違い無いでしょう。

https://www.bikeradar.com/us/road/news/article/3t-torno-crank-52044/













ふーん、tomoLTDか。エエとは思うけど『トモ』ってなんか変な名前やな
ちょっとうれしい時の顔、琴葉茜







いやお姉ちゃんこれtomoじゃなくてtornoだから。BBとかの互換性に関してはほぼ全てのフレームで使えるみたいだね。トライスポーツさん経由で入ってくるなら13~14万位になるのかな。15万超えないならギリ射程圏内だし、1Xでロード組むときにはちょっと使ってみたいかも
解説用、三角口、琴葉葵






ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンクAmazon.jp お得なタイムセールはこちらをクリック

小さな進化は大きな違い!? 新型105、R7000の隠れた意外な変更点

Shimano-105-R7000-groupset-black.jpg


これは大きな進歩かもしれません。先日シマノが発表した新型105、R7000ですが、また新たなヴェールが剥がされました。cycling tipsによると、なんとR7000のSTIにはリムブレーキ用のST-R7000、油圧のST-R7020、そしてその他にも、もう一つ、合計3つのバージョンが用意されているとのことです。

その新しいSTIの名前はST-R7025、これは油圧ブレーキのSTIですが、ブレーキレバーの位置を4mm切り詰め後退させたものです。これにより子供や女性など手が小さいライダーでも、容易に下ハンドルでの操作が出来るようになります。


Shimano-105-shifter-R7025-versus-R7020.jpg
(ST-R7020とST-R7025の比較、シマノは違いをレバー位置のみと述べるが実質的にはサイズ違い。ST-R7005が出なかったのが悔やまれる)


さらに、スプロケットレンジはR8000と同じく拡大され、近年流行りのグラベルロードに対応するための11-34t、またSS仕様のRDで最大限のギアレンジが欲しい方向けに11-30tと2種類のカセットが追加されます。シマノは現在48/32tのスーパーコンパクトチェーンリングを発表していませんが、それを差し置いても十分魅力的なパッケージと言えるでしょう。

またクランクセットは30g軽量化し、ギアとチェーンの擦れやチェーン落ちを防止するため、R8000と同じくインナーギアの位置が少し内側に移動しました。詳しい互換性に関しては公式発表までお預けとなりますが、5800の旧105FDをそのまま使うのは難しそうです

という風にデザイン的には順当進化と言える新型105、R7000ですが、その一方で今まで限定的だったエルゴノミクスをより大きく取り入れつつ、11-34tカセットは10速フリーに対応するなど、従来の105とは一風変わったモデルです。性能としては上位モデルには敵いませんが、今後数年間、シマノの中心でオンリーワンなモデルとして頂点に君臨することは間違いないでしょう。
https://cyclingtips.com/2018/04/shimano-105-r7000-groupset-announced-what-to-know/













最初はエエやんって思ったけど、こんなんあったら紐アルテさん完全に要らない子やんけ……これでスーパーコンパクトがアルテで出んかったら紐アルテさん完全にオワコンやで……
ヤバい事に気づいてしまった時の顔、琴葉茜






48/32tのスパコンはFSA、プラクシス、キャノンデールとちょいちょい作ってるとこは有るんだけど、みんな一長一短な感じだもんね……その中から選ぶとすればプラクシスかなーとは思うんだけど、デザインが数年遅れてるし、保守的なシマノさんが今すぐ作るとは思えないから気軽にスパコン使える環境が整うのはまだまだ先の話なのかも
解説用、三角口、琴葉葵






【編集後追記】

パーツラインナップに無かったから誤植かもと言われてた160mmのクランクも結局出るみたいですね。ST-R7025といい低身長に優しいポーズを取るのは良いんですが、欲を言えばシマノさんから650Cホイール出してほしいなという気も………
いえナンデモナイデス
(160mmクランクのソースhttps://www.bikeradar.com/road/news/article/shimano-105-r7000-group-price-details-52035/



【追記4/5】

後で見返してなんか違和感あるな-と思ってたら、スピ径30mmでもJISフレームで使えますね。シマノのBBが使えないだけです。恥ずかしながら30mm径とBB30が頭の中でごっちゃになってました。申し訳ありません。

という訳で修正に伴って葵ちゃんのコメントを変更しました。どうか悪しからず





ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンクAmazon.jp お得なタイムセールはこちらをクリック

新たな流行なるか。イーストン発のスーパーディープリムEC90 Aero85 Disc

イーストン エアロ85


これは大きな変化でしょうか。DTswissと並び、イマイチ冴えないホイールメーカーの名を欲しいままにしてきたEastonですが、満を持してディスク仕様のスーパーディープリム市場に参入します。その先駆けとなるのは、なんとカーボンクリンチャー、EC90 Aero 85 Discです。

仕様としては、その名の通り85mmハイトのリム、幅は内径19mm外径28mmと近年の流行に沿ったワイドリムで、ホイールセットの重量は1827gと重量級ながらも、オリジナルのVaultハブとSapim CX-Rayのお陰かハイトの割に軽量な仕上がりとなっています。

また肝心のエアロ効果に関しては『40kmタイムトライアルでEC90 Aero55よりも14秒短縮出来る』として、競合他社のホイールより高い優位性が有るとイーストンは主張します。これは人によっては少なく感じる値かもしれませんが、エアロ効果を突き詰めるにあたっては重要な数字です。

ディープリムが普及してきた昨今、実用性に関してはまだ疑問の残るスーパーディープリムですが、見た目のインパクト、高い巡航性能など、スペックシートに現れない長所もいくつかあり、決して侮れないカテゴリーです。近い未来、ひょっとしたらこのハイトが標準となる可能性もあるかもしれません。
http://www.cyclingweekly.com/news/product-news/new-85mm-deep-disc-brake-carbon-clincher-easton-374600













平地だけ走るならええかもしれんけど、1827gってヤバない…………
ヤバい事に気づいてしまった時の顔、琴葉茜







ハイトの割には軽いのかもしれないけど、ZIPP858(77~82mm)やSES7.8(F71mmR78mm)より普通に重いもんね。それに正味ワイドリムになった時点で50mm以上のハイトは必要性薄いし、価格次第かなとは思うけど、日本だとかなり用途を限定されるホイールかも
解説用、三角口、琴葉葵







ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンクAmazon.jp お得なタイムセールはこちらをクリック

新型?模倣?より軽さを増した磁力式クリート、magpedの実力とは



これは一部の方々にとって嬉しいニュースかもしれません。オーストリアの男性、Paul Wessiack氏はKickstarter上で新しい磁力式ペダルとしてMagPedを発表します。

構造としてはフラットペダルに磁石に設けた形です。これにより、シューズをペダルに固定するというクリートの働きはそのままに、従来のクリートのデメリットであった床を傷つける点や泥づまりでのキャッチミスをほぼ100%防止することに成功しました。さらに固定力はマグネットの交換で変更できるので、初心者の方でもリリースが用意な設計となっており心配はありません。

また互換性としてもSPDクリート対応シューズなら全てのモデルに対応し、重量も両側で452gとレースでの使用は少し難しいかもしれませんが、実用的な範囲に収まっています。

開発者のPaul氏はMagPedを「マグネットペダルの革命です」として、これが真に従来のフラット、SPDペダルを置き換えることになると主張しました。このプロジェクトは開始してからまだ間もないですが、既に1000万円を集金し、目標額の約50%を達成しています。興味の有る方はぜひ一度、記事のリンクからKickstarterをご覧ください。
https://www.kickstarter.com/projects/830826546/magped-magnetic-safety-pedals?ref=discovery













ちょい待ち、これ思いっきりMagLockのパクリやん……?
ええんですかこれ………
ちょっと驚いた時の顔、琴葉茜







うーんどうなんだろね。一応MagLockの特許見てみたけど、請求項は磁気クリート自体の話じゃなくて磁気クリートの磁石を固定する仕組みについて書いてたからこれはセーフだと思うよ
解説用、三角口、琴葉葵






ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンクAmazon.jp お得なタイムセールはこちらをクリック

ついに両側計測対応か!? ステージの新型パワーメーター発売

ステージ


いずれパワーメーターは両側計測が当たり前の時代が来るでしょう。長らく片側計測に拘ってきたアメリカのパワーメーターメーカー、Stagesですが、2018年モデルではついに両側計測に対応するモデル、ステージパワーLRを発売しました。

その一番の特徴は、ギリギリまで干渉を抑えた新しいデザインです。センサーユニットはチェーンリングの内側に設けられ、今までパワーメーターが使いにくかったBB下ブレーキ、ワイドチェーンステーのバイクでも使用可能と使い勝手を向上させながらも、性能は何一つ犠牲にしていません。

精度は±1.5%、IPX7防水、175時間のランタイム、と標準的なスペックを持ちながらも、電源は交換可能な2032コイン電池であり、左右どちらだけでも使用可能、第2世代のステージパワーとも互換性を持つ実用的な仕様になっています。

価格面では、両側セットで約18万円とシマノR9100Pより若干高価ですが、こちらはチームSkyによってテストされた信頼性の高いパワーメーターであり、2016年、2017年とツールを勝利したバイクにも搭載されていました。2018年、覇権をとったのは確かにシマノですが、本当のマストバイはステージかもしれません。
http://www.cyclingweekly.com/news/product-news/stages-brings-two-new-power-meters-to-market-including-a-right-side-only-model-365354












言うて干渉させたくないってだけやったらパワー2マックスでもエエ気はするけどな
ちょいおこなお姉ちゃんの顔、琴葉茜






でも値段で言えばステージパワーRの方がちょっと安いね。SkyもR9100-Pに乗り換えちゃったけど、両側計測に拘らなかったら普通にステージのほうが良いかも
基本7






【追記2018/1/14】
チームSkyのパワーメーターはシマノに乗り換えたんじゃなくて、ステージとシマノ、両方使うみたいです。どちらを使うかは選手の好みみたいですが、信頼性的にステージ続投が多数派かなと思います。

ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

e-bikeはもう当たり前!? Revos、お手軽なコンバートキット発表 May 22, 2018
ローザに隠れた1位の苦渋? イェーツ「2分でもまだ足りない」 May 21, 2018
日本向けは2019年発表か? エモンダSLdisc、海外レビュー May 18, 2018
スペシャ大攻勢なるか!? Disc仕様のターマック、Roval disc発表 May 17, 2018
何と全モデルがカーボン製!? Raphaサドル、遂に正式発表 May 16, 2018
意外と硬派なコンフォートバイク? フェニックスSLdisc 海外レビュー May 15, 2018
ジロ前半戦、総合順位が伸び悩むフルーム「私はまだ戦い続ける」 May 14, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

カウンター

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10、SUBARUインプレッサなどなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: