スポンサードリンクAmazon.jp お得なタイムセールはこちらをクリック

起死回生の12速コンポ!? カンパ、新型レコードの気になる詳細



これは大きなシマノに対して大きなリードかもしれません。カンパニョーロは遂に大きな困難を乗り越え、世界初のロード用12速コンポを発表します。その栄えある第一弾として選ばれたのは、同社のハイエンドコンポ、レコードとスーパーレコードでした。

一番のトピックとしては、何よりもスプロケットレンジの拡大でしょう。スーパーレコードとしては初となる11-32tスプロケットが追加され、シフトフィールはそのままに、登りはより快適になります。また究極のシフトフィールを求める方向けに11-29tも展開されており、クロスレシオ派も満足出来る仕上がりです。

しかしながら、12速化に伴う犠牲もいくつかあります。まずチェーンは11速との互換性を断ち切り、より薄く変更されました。新しいチェーンに関してカンパニョーロは「従来の11速用チェーンと同じ寿命を持つ」と主張しますが、実際の数値はヴェールに包まれたままです。また重量面に関してもスーパーレコードでグループセット重量が2000gを上回るなど、12速化の代償としてはいささか大きいデメリットも存在します。


カセットの裏側
(新しくなった12速スプロケットの裏側、下側のギアを統合するためのピンが省略され、よりスッキリとした形状に。細かい変更点としては樹脂製のスペーサーがアルミ製に変更されている)


また12速化に伴って新たに再設計されたスプロケットは、下側6枚のギアが3枚づつ一体形成され、全体がよりナロー化したことで、11速フリーとの互換性を保ちます。つまり大まかな構造は従来と同じままで、一部の素材をチタンからスチールに切り替えながらも、重量を266gに収める事に成功しました。

その他の違いは、年次改良で説明がつくレベルでしょうか。デザインは大きく変更されましたが、トレンドに沿っただけで『より洗練された』という枕詞を付けるには少し物足りません。クランクもディレーラーも性能的な違いは微々たる範囲で、従来の11速コンポと互換性は無いものの、目新しい機能は特にありませんでした。


レコード、シフター
(エルゴノミクスを重視してレバーが外側に傾き、また形状も見直されたシフター。レバー配置はいつもどおりの位置)


スーパーレコード、クランク
(大胆にデザインを変更したクランク、スーパーレコードはスパイダーアーム補強の為、ブリッジが追加されている。レコードは先代に近いデザイン)


スーパーレコード、ブレーキ
(より近代的でエアロになったリムブレーキ、重量は変わらないがブレーキブースターが追加され、制動力をより向上させた。なおリアのシングルポピットは廃盤となる)


スーパーレコード FD
(カーボン製の固定バンドがひときわ目を引くFD。クロモリフレームで使えというカンパニョーロの強い意志を感じる。内側に張り出したワイヤーストッパーは、太いタイヤと干渉を防ぐ前後リバーシブル仕様)


スーパーレコード、RD
(新型コンポの肝となるRD、ゲージオプションが廃止され、11-29t、11-32t、どちらも72.5mmのプーリーゲージで動作する。スーパーレコードはプーリーにCULTベアリングを使用)


BORA WTO60
(また新型コンポに合わせて新たに追加されるカーボンクリンチャー、BORA WTO60。BORA50より空力を重視したモデルで、リム内径19mm、25~28Cに最適化され、前後ペア重量は1,540g。よりハイトの高いBORA WTO77も前輪のみラインナップされる)




という風に最先端の24段変速を手に入れ、大きく進化を遂げた新型レコード/スーパーレコードですが、シマノが誇るR9100に対抗できるかと言うと、どう頑張っても難しい戦いとなりそうです。さらにSRAM eTapという強力なライバルが現れた現在、スチールロード市場など極めて趣味性の高いカテゴリでもシェアを奪われつつあるのがカンパニョーロの現状です。

しかしながら、希少性という意味ではむしろ磨きがかかったとも考えられます。10年後、20年後、カンパニョーロが今と同じ様にコンポを作っているとはとても想像出来ませんが、それはつまり、レコードを買うなら今しか無いということです。ZONDA、シャマル、BORA、ハイペロン、数々の名ホイールを作ってきたカンパニョーロが全力で世に送り出すコンポーネント、それを知らずに自転車趣味を続けるのはあまりにもったいないと思いませんでしょうか。いいえ、もったいないことです(反語)
https://cyclingtips.com/2018/04/campagnolo-goes-12-speed-with-super-record-and-record-rim-and-disc-groupsets/













せやかて工藤、レコードでバイク組むぐらいならそのお金で新しいウェアとホイール買ったほうが絶対幸せになれるで
ちょっとうれしい時の顔、琴葉茜






それは多分間違いないね。カンパさん名作は作ってるけど迷作も多いから……
でもSTIはシマノより軽量だし(ポテンツァ11で370g)機械式で油圧にしてもハンドル周りの重量が気になりにくいっていうのは大きなメリットかも、まあカンパニョーロって時点で魅力を感じない人だと維持管理は難しいと思うけどね。
解説用、三角口、琴葉葵






関連記事
ブックマークの登録・いいね! お願いします
広告からお買い物してくださると、さらにありがたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

No title

カンパのシフターをSTIなんて呼んじゃって恥ずかしくないんですか

Re: No title

> カンパのシフターをSTIなんて呼んじゃって恥ずかしくないんですか

コメントありがとうございます。大変親切なご指摘を頂いた所申し訳ありませんが、これは意図的な誤用です。STIの意味は存じていますよ。もちろん。ただ、記事文中の『STI』がカンパのシフターと御理解いただけるなら、当ブログ的には一切問題ないと考えています。

このような意図的な誤用は他の記事にも使ってますので良かったら探してみてください。きっと面白いと思いますよ。
非公開コメント

スポンサードリンク

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)どんこちゃん可愛い!
当ブログで使用させていただいてる
琴葉姉妹の立ち絵を描かれた
新島秋一先生の作品です。
好評発売中!!!
Amazon.co.jp で詳細を見る
2巻のリンクはこちら

最新記事

e-bikeはもう当たり前!? Revos、お手軽なコンバートキット発表 May 22, 2018
ローザに隠れた1位の苦渋? イェーツ「2分でもまだ足りない」 May 21, 2018
日本向けは2019年発表か? エモンダSLdisc、海外レビュー May 18, 2018
スペシャ大攻勢なるか!? Disc仕様のターマック、Roval disc発表 May 17, 2018
何と全モデルがカーボン製!? Raphaサドル、遂に正式発表 May 16, 2018
意外と硬派なコンフォートバイク? フェニックスSLdisc 海外レビュー May 15, 2018
ジロ前半戦、総合順位が伸び悩むフルーム「私はまだ戦い続ける」 May 14, 2018

ブログ内検索

とりあえずの暫定仕様ですが設置してみました。
探したい記事がある時はこちらから

ブログランキングはこちら

カウンター

Amazonギフト券

10万円チャージで最大2500円お得に!
面倒な手続きは一切なし!
↓↓↓
ギフト券

スポンサードリンク

海外通販最大手のWiggle.jp 
安心の日本語サポート
充実した品揃え
欲しかった憧れのホイールも大特価!

さらに5000円以上の購入で送料無料!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

CRTfhOS5_400x400 (1)

Author:しろえ3710
主にアマゾンプライムビデオに生息するインドア系サイクリスト
愛車はSタマ、CAAD10、SUBARUインプレッサなどなど 
ガーミンとJスポとUCIは悪い文明 
#パナレ教過激派

Twitterやってます@siroe3710
更新情報やお問合わせはこちらからどうぞ


当ブログはリンクフリーです。相互リンクなどのご依頼はTwitterアカウントまたは下記フォームにお願いします

メールフォーム

早めにレスポンスが欲しい場合は記事のコメントに非公開コメントで貼り付けてください。 非公開コメントの内容を表示、転載することはありません。

名前:
メール:
件名:
本文: